11ぴきの幸いの竜

 先日、妻に連れられて、信濃町の黒姫童話館に行って来ました。いやぁ、素敵なロケーションですね。
 そもそもは、夏休み企画展「11ぴきのねこと馬場のぼるの世界展」を観に行くため。私は両親が読んでくれた『11ぴきのねことあほうどり』以外、直接触れたことはなかったのですが、それでもとても楽しめましたよ。

IMGP6086_2017090907515692f.jpg 
ねことはしゃぐおばさん

IMG_1617.jpg
夫婦で同じもん買うし…。

 さて、こちらの館の常設展では、ミヒャエル・エンデのコーナーも。エンデと言えば、無知な私は『はてしない物語』、いや正確に言えば映画『ネバーエンディングストーリー』の原作者、くらいの認識しかなかったのですが、彼のコーナーを見ていると、その著作のみならず、戦中、反ナチス組織にいたことなど、色々と興味を引かれました。

 そして無知な私は(2回目)初めて知ったのですが、エンデ自身は、映画『ネバーエンディングストーリー』に色々と不満を持っていたそうです。特にラストシーンについては、激怒ぷんぷん丸だったようで。
 あの映画、私は確か小学校4年生くらいに映画館で観たのですが、とても好きでした。今でも好きです。そのラストシーンといえば、主人公の弱虫君が、幸いの竜「ファルコン」に乗って、現実世界のいじめっ子たちを懲らしめる場面。単純少年だった私は、そこにある種の爽快感を感じていましたが、原作者は、あれはだめだと。
 で、ちゃんとあるんですよ、ミュージアムショップに『はてしない物語』が。ちょっとお値段張りますが、妻に押されて購入。いつかは読みたいと思っていたので、いい機会かと。

IMG_1618.jpg

 この本を読み終わるとき、エンデの言いたかったことが、私にも分かるでしょうか?

ぶれるマンモス、ていうかホモ・サピエンス・・・マンモスその8

 おかしい。土偶の論文入稿したのに、なかなか楽にならない。いつになったら心置きなく遊べるのか。いや、公務以外の考古学も、遊びっちゃ遊びか…。
 で、結局進んでいないマンモスですが、もう一度設定を考え直しています。科博のラスコー展の図録見て、ちょっとヨーロッパに浮気したり、やっぱシベリアだよなぁマンモスは、とか思ったり。まぁマンモスそのものよりも、一緒に作ってる人間が問題なんですけどね。やっぱりマンモスだけにしとけばよかったかなぁ…。

IMGP6112.jpg 

 よし、この本もう一回読んで、頭を整理しましょう。

党首キレる! 解党寸前、湘南(松原湖)の夏。

 某月某日、長野県某所で、第4回藤森の生活が第一党大会が開催されました。今年は初参加を含め10名の党員が、勉強とスポーツを頑張りました。
 一応メンバーをあげると、党首以下、デーイー幹事長、たっちゃん(いい人)、カルタマン、船長(ドライヤー職人)、マリーナ(Tシャツ職人)、将軍(霊媒師)、部長(社殿撮るガール)、空手マン、15歳年上の人に「ダッセー」って言うマン。
で、何が起こってどうなったかと言うと、めんどくさいので、以下適当にお読み下さい。

まずは恒例の、パターゴルフ大会。
2017ジャスティス_170902_00722017ジャスティス_170902_0020
党首チーム、圧勝。

2017ジャスティス_170902_0007
これも恒例、ワールドカップ。たっちゃん、無敵。

2017ジャスティス_170902_0078
ニューゲーム、茅野名物「縄文カルタ」! 野試合!!!
青森のカルタマン段違いに強過ぎで、特別ルール発動。

2017ジャスティス_170902_0014
「明日は湖に、ズゴックを泳がすんだ!」ご機嫌の党首。

2017ジャスティス_170902_0070
撃沈(例年通り)

IMG_1487.jpg
今年の新作!もはや、なんでもあり。

2017ジャスティス_170902_0016
ズゴックも一緒にジャスティス! しかしこの後、まさかの党首マジ切れ!

翌朝、何事も無かったかのように、湖の散策。
2017ジャスティス_170902_00652017ジャスティス_170902_0075

S__6193160.jpg
この写真、お気づきですか?女の姿と、遮光器土偶の霊が写っているそうです。

そして、釣り…。
2017ジャスティス_170902_0004

いっこうにあたり無し。誰もが諦めかけたその時、党首の竿が強烈にしなる!

2017ジャスティス_170902_0041
マジで釣れちゃったよ! 39㎝のブラックバス!

2017ジャスティス_170902_0058
釣りに飽きて、お茶。

最後に新種目。マレットゴルフ。しかしこれが、悲劇の始まりだった!

2017ジャスティス_170902_00512017ジャスティス_170902_0053
全然終わらない! ボール、全然入らない!
しかしそんな中でも、党首チーム、圧勝。

尚、その後の会話。
IMG_1494.png


 失敬な! とうわけで、来年は結党5周年。湘南ビーチボーイズの夏は、終わりません!(ズゴック泳がすの忘れた)
 


東京から、出発

 亡き祖父の三十三回忌で東京へ。どんな場所かは、過去記事からどうぞ

 東京駅。西へ東へ。一体、一日にどのくらいの人が往来しているんでしょうね。

IMGP6057.jpg

IMGP6059.jpg

 ちなみに、この祖父は50年前、東海道五十三次を踏破しました。来年は、私の従兄がこれに挑戦するそうです。もちろん、日本橋からです。


サヨナラ? iPod shuffle

 どうやらiPod shuffle、販売が終了らしいですね。私は今でも愛用していますが。

IMGP6048.jpg 

 まぁ機能的には、iPhoneがあれば不要と言えば不要なのですが、やっぱり画面を見ずに手探りで操作出来るのは便利だと思うんですけどねぇ。
 いつかはバッテリーも寿命がくるのでしょうが、これからも大切に使わないと。明日の新幹線でもよろしくね。

理想と現実

IMG_1386.jpg 

理 想
「君、この図をスキャンしておいてくれ」
「はい、党首。解像度はどうされますか?」
「任すよ。印刷を前提にね」
「かしこまりました。10時までには。コーヒーと一緒にお持ちしますわ」

現 実
「あースキャンめんどい。報告書分厚いから押さえてなくちゃだし。解像度どうするか、印刷しないと分かんないよなぁ。ていうかもう着替えないと、髭もそらないと。ていうか、猫、邪魔しない!」

世の中、甘くないぜ。


コンテナが無くなって、犬猫が来た

 まだ終わったわけではないのですが、ここ数年取り組んで来た仕事に、一定の目処が付きました。自宅での実測トレース作業も本日(あ、もう昨日か)を持っておしまい。これで明日の夜(違う、今日か)からは、土偶の論文に集中出来そうです。ていうか、今、なんか集中してやれました。
 とは言っても、明日(いやだから今日)からは、しばらく気力体力を使う仕事が続くので、どこまで頑張れるでしょうか。土日も結構予定があるし…。

 でもまぁ、少し気が楽になりました。

IMG_1364.jpg

IMG_1366.jpg
 
 まだちょっと雑然としていますが、長いこと遺物のコンテナボックスがあった場所で、ナヌークとイコロが寝てくれるように。よいことだ。
 さてもう月曜日、『キン肉マン』の無料配信最新話でも読んで寝ましょう。

 あ、墨書土器の集成もあったっけ?今月中?あはは!

久しぶりの資料見学

 昨日は、国境を越えグンマー県へ。世界遺産富岡製糸場を通り越し、富岡市某所へ拉致されました向かいました。しかも、久しぶりに縄文セミナーの方々とともに。今回の獲物は、市内出土の縄文前期諸磯式土器です。 またしても、モロイソ星人!

IMG_1319.jpg

 未報告資料を含む故、土器の写真は載せませんが、いやぁ、さすがグンマー、モロイソ星人半端ねぇっす。
 しかしこうして見学や遺物整理を重ねると、群馬と長野の諸磯b式、少しずつですがポイントが分かってきた気がします。やはりその筋プロフェッショナルの方々と見学すると、色々と勉強になりますね。

 今回もH沖さん、ありがとうございました。本当は「俺の見つけたこの土器すげーだろ!」とドヤ顔の写真載せたかったのですが、あまりにドヤ顔過ぎてヤバいので、お土産に買った、だるま弁当を載せておきます。

IMG_1350_20170812185404522.jpg 

 さて、心霊映像番組など見ずに、土器の図と、土偶の論文!

夏休み

IMGP6019.jpg

星空の下のバレエは素敵でした。
右上は、母か姉か姪の忘れ物。

さて明日は、モロイソ星人の聖地グンマーへ。H沖様、よろしくお願いします。

月の光のような

IMGP6009.jpg 

 ちょっと目的があって、卓上のLEDライトを購入したのですが、暖色系の光にすると、なんだかいい感じですね。

 ドビュッシーの「月の光」を聴きながら。

 ブランカがこの世を去って、もう三週間。日々は過ぎるし、色々馬鹿なこともして、笑いや喜びもありますが、あの子を失った悲しみは増すばかりです。 時間が経てば、とは言いますが、もしかしたら、この悲しみは一生癒されないかもしれません。 
 でもそれでいいとも思っています。ブランカを思いだすと、悲しみと同時に、あの子を愛した優しい気持ちにもなれますから。

 さて、明日の夜は、女性4人とバレエ鑑賞。女性4人!
 
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示