石粉粘土は丈夫! 作品は、いつまで保たれるのか?

 奥さん知ってましたか? 私は「石粉粘土」という材料で、恐竜とか作るのが趣味なんですよ!

 で、すでに25年以上前からやってるわけですが、基本この石粉粘土で作った作品、劣化して壊れていくということはほとんどありません
 ただ、どうしてもダメな子がいます。実は一つだけなのですが、すぐにカビが生えてしまう子がいるのです。色々対策は施しましたが、どうも内部からというか、何でしょう、製作中から粘土がカビに冒されていたのでしょうか?未だ解決していません。ちなみにマッコウクジラです。大好きなやつなのになぁ…。

IMG_7181.jpg

 そして何故かここにきて、2004年に作ったステゴサウルスの背びれが、ポロポロと取れてしまいました。原因は不明。こちらは修理可能ですが、なんか、嫌な感じですよね。
 ちなみにこれが、全体像。写真も撮り直したいのですが、

今は考古学優先で!で(関係者へのアピール)。

 かたちあるものは、いつか消え行くのが世の定め…とは知りつつも、やっぱりなんとかしたいものですなぁ。

イノシシ払い

IMG_6653.jpg
 
 思えば、こんなやつらを作ったから、私はイノシシ神(諸磯b式土器)に取り憑かれてしまったのである。いっそ払ってしまえ!
 というわけではありませんが、ウリ坊×2と翡翠を下げた縄文おじさん、出張です。

IMG_6656.jpg
バイバ〜イ。


arts-580x549.jpg
ここに展示して頂きます。皆さん、ぜひ見て下さいね。私は行けませんけども。
縄文をテーマにしたアート展「縄文のカーニバル」が東京・阿佐ヶ谷で開催


【オマケ】
IMG_6654.jpg
インド人か!

IMG_6655.jpg
ミイラなのか?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

あ、誰かいるぞう・・・マンモスその3

 そして、今日は気分が良いので、マンモスをさらに肉付けしたぞう、ゾウだけに。

IMG_6274.jpg

 おやおや?手前に誰かいるゾウ? 今回は、ヒトも作品の一部だゾウ。


 さて、明日は土偶パワーで、原稿書きまくりますよ。

あれ?なんで?土偶でも恐竜でもないじゃん!・・・マンモスその2

 いやあれです、生活に張りというか、ストレス解消というか、現実逃避という…い、いいじゃん、休みの日くらい!

IMG_6265.jpg

 忘れていたわけではないのですが、ずっと放置していたマンモスの製作。今朝は粘土に呼ばれた気がしました。とりあえず針金骨格に頭部の芯と、牙。牙のみはいつもの「New Fando」という石粉粘土、それ以外は「Mr.クレイ」という軽量石粉粘土です。
 この「Mr.クレイ」も使い勝手は悪くないのですが、慣れもあって、仕上げは「New Fando」になるかと思います。で、家に「New Fando」が1袋しかなかったので、「Mr.クレイ」を芯に使っている次第。

 尚この先、当ブログでは「マンモスマンネタ」を封印させて頂きます。奥さん、あしからず。

妄想縄文劇場 これが理想のリーダーだ 

bc30xx-th.jpg
 しれっとホームページ更新。かなり妄想度合の強い、縄文時代のお話です。こちらからどうぞ

 まぁ、どこかの国のソーリーよりは…。
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示