相木川の魔物・伝説のチャート

某博物館の脇を流れる相木川には、伝説のチャートが眠る…。 
 この物語は、幻とされる伝説のチャートを追い続けた、W大学の若者達の冒険譚である。

 あ、この先、あまりにもくだらない内容になるので、現実に戻りつつ書きます。

 まぁ、ようするにですね、今年もわが博物館による栃原岩陰遺跡の遺物整理作業に、早稲田大学の諸君が集まってくれたのです。本当に優秀で愉快な彼ら。今年も作業は大幅に進みました。ありがとう!

 さて、その際のお話し。
 私の勤める博物館は、千曲川上流域の支流相木川に面しています。そしてこの辺りでは、石器(矢尻など)の材料となるチャートという石が採れるんです。実際に周辺の遺跡ではチャート製石器が見つかり、私が調査した木次原遺跡でも、縄文時代前期(およそ7000年前)に、この石を利用して沢山の矢尻を作っていた遺構が見つかっています。
 ところが、実際に石器を作ってみようチャートを探して河原を歩いてみると、石器作りに向いているものは意外に拾えないのです。

 なんてことを教えたからかどうか忘れましたが、遺物整理作業に来てくれる若き考古学徒が、質の良いチャートを求め旅に出るのも当然なわけです。
 で、そのためだったかどうかは定かでないのですが、ある院生(仮にH君としておきましょう)が、一昨年だったか、川の向こう岸に渡ろうと石飛をしていると、足を滑らせて、ザブン!雪と氷の残る川の犠牲となったのです。

 そこで、今年はリベンジという訳で、なんとか向こう岸に渡ろうと、そして何時の間にか話が出来上がっていた「伝説のチャート」(緑色に光り、時には人の心を堕落させ、場合によっては巨万の富をもたらす)をゲットしようと、再び川に挑んだわけです。


 でもまぁ、私としては怪我でもされれば困るので、胴長を貸したわけですよ。お腹から足先まですっぽり包む釣り人が着るようなやつですね。そして、渡り切った向こう岸でどんなオチをつけてくれるかを期待したわけですが、なんとH君、本当にナチュラルに、今年もこけたのです。たまった落ち葉に足を滑らせ、胴長意味なく、ザブン!
 一堂唖然、そして爆笑。


これはこける直前。このあと悲劇が…。

 まさしく、相木川の魔物が、また彼を阻んだのでしょう。

恐るべし、伝説のチャート…。
 こうして、伝説はまた霧の中へ。
  友よ、また会おう。


 いや、皆さん、早稲田の彼らは本当に優秀なんですよ。また一緒に仕事ので出来る日が来ることを!お土産もいかすしね!(笑)
写真-3
関連記事

Comment

No title

Hくんのみが、去年も今年も幻のチャートを探し求めているのですね(笑)

チャートは結構わかりやすく堆積している印象がありますので、
浜ではなくて河原の場合、転石ではなくて地層から直接採掘したのかなと思っていました。

Re: No title

いや~、スミマセン、転石だか地層からか、わかりません(笑)。
実際私が原石掘り出した遺跡は、かなりの上流域なので、転石でもごつごつなんです…。

早稲田のみんな、助けてくれ!


> Hくんのみが、去年も今年も幻のチャートを探し求めているのですね(笑)
はい、彼はそういうキャラです(笑)。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示