美女になるのか?  なってくれ!・・・縄文の少女その4



 大分血が通ってきたでしょうか?
 相変わらずアクリル絵の具の筆塗り。写真では分かりませんが、実はお肌はがさがさです。そんなところは人間っぽい?
 それにしても人間という生物の復元を目指すはずが、どうもお人形さんになってしまってます。
 人間の顔、これは思った以上に難しいものでした。
関連記事

Comment

No title

ほう、血が通ってきましたね。ふっくらしたかわいらしい娘さんですね。
彼女、日焼けしますか?あのころの人って、帽子という概念はあったんですか?日差しや雨を避けようとしたんでしょうかねぇ…

No title

そうですねぇ、帽子は聞いたことがないです。
土偶なんかでは、かなりおかしな形の頭部のものもありますが、大抵髪形と解釈されています。もっとも土偶は人だか神だか分かんないので、これのみで断定的なことは言えませんが。
今回は単に物を運んでいる以上のことは想定していません。が、もしかしたら木漏れ日がまぶしかったとか、そういうのも良いかも知れませんね。

No title

全体の纏まりが良い作品だと思います。
仮に顔が極めてリアルに再現出来たとしても、
今度は布地やその他装飾品の質感がついてこなければ、
逆に顔のリアルさがアダになりそうです。
布地なんて、突き詰めると実際のモノと同じ
素材で造って着せろ、って事になりそうですし、

伝えたい事は十分判りますし、この作風で続けられても
良いんじゃないでしょうか?

No title

>全体の纏まりが良い作品だと思います。

ありがとうございます。ふらぎさんにそう言って頂けると素直に嬉しいです。

>布地なんて、突き詰めると実際のモノと同じ素材で造って着せろ、って事になりそうですし、

そうなんですよ。服にしろ頭に乗せたカゴにしろ、できちゃう大きさなんですよね実際。

私もジオラマ風のベースを造る時などは幾つかの素材を使いますし、もしかしたら。それが復元模型の正しい方向なのかも知れません。
でもやっぱり、私の作る物のように、粘土に身を任せた作りの造形物(この表現分かります?)がそこに乗ると、どうしても違和感が拭えないんですよね。
とにかくも、当分は粘土主体で行こうと思っています。

No title

おやっ? 一番近くにお出でのレディに似てるような・・・。 気持ちが形になるって、すばらしい!!

No title

jiji様 また長野県内でもお忙しいようで。
ところで、一番近くのレディとは??  心当たりがありませんが、まさか私の同居人じゃないですよね?

No title

たしかに!
A.E.Gさんの同居人(ていうかa.e.gさんのご主人サマ???)に似てる!
目の辺りとか。
造形には理想が反映するって言うからねぇ。

No title

似てないから!全然似てないから!!
そもそも理想じゃないし。僕の理想は非常に高いんです。
あんなものじゃないんです。
そして、ご主人サマってどうゆうことですか!?
やっぱり傍から見て、私下僕なんですか(泣)・・・・・

No title

あはははは・・・・・。 自分じゃ気がつかないもんですよ。 しかも、最後の一行、泣くことはないよ、どこもそうなんだから。

No title

jiji様、よろこんでいいのでしょうか・・・。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示