進歩!ついに石膏を卒業。

 考古学界におけるオールドタイプたる私は、実は土器の復元で「石膏」以外使った事がありません!
 しかし流石にこれではいかんと思い、本日御代田町浅間縄文ミュージアムにてレクチャーを受けてきました。
 現在では一般的によく使われている「バイサム」による復元のお勉強です。南相木村の諸磯式土器整理作業のためでもあります。
 なるほど、石膏より扱いやすい。ほぼ粘土感覚ですね。あとは型取り(裏打ち?)の素材をどうするか。
 八ヶ岳さん、Tさん、ありがとうございました。
 そうそう、話題の土器も見てきたし、噂の新刊、ツツミ先生の御著書『最終氷期の細石刃狩猟民とその適応戦略』も入手しましたよ。

---------------------------------
最終氷期における細石刃狩猟民とその適応戦略最終氷期における細石刃狩猟民とその適応戦略
(2011/10)
堤 隆

商品詳細を見る

---------------------------------


 まぁバイサムについては、考古学をされている方々には「なにを今更」の戯れ言ですが、私未だに、光波測量もしたことないんです。あんなんサイコミュシステムですよ!オールレンジ攻撃ですよ!危険過ぎますよ!

(すみません、多分安全です)
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

No title

すばらしい本をゲットしましたね!!

Re: No title

> すばらしい本をゲットしましたね!!

はい、当分の間楽しめそうです(笑)。
あと、装丁かっこいいですね。

No title

ありがとうございます。
装丁はプロに頼みました。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示