キノコ料理・・・失敗


 今年のキノコは今一つという話しをちらほら聞きますが、わが家の庭には、ありがたいことにジゴボウ(ハナイグチ)が顔を出してくれました。
 早速昨年のようにバター炒めにしたのですが、成長し過ぎていたせいか、ぬめりが強く、あまり美味しくない。そこで急遽、みそ汁の具にしてみましたが、一度炒めた油っ気が抜けるはずもなく・・・ちょっと失敗しました。調べてみると、このキノコは西洋料理には向かないそうですね。
 でも全部頂きましたよ、妻の分まで・・・。
関連記事

Comment

No title

あぁ、なんと懐かしい……子どもの頃、よく採りにいってました。
松茸何かよりも、これの方が見つけたときは嬉しかった。
においの記憶というのは原始的で、記憶でも消えにくい分野ですね。そう、みそ汁に入れてもらってました。いいなぁ~!

No title

においは記憶と直結しますよね。
私は子供の頃にこういったものを採った記憶がないので、今が思い出作りですかねぇ。
今日は普通にキノコ汁にして、美味しく頂きました。

No title

キノコ、子供のころから苦手です・・・。以前、aegさまの奥様と一緒にそちらの方面の遺跡の見学に行ったときに、教授にジコボウ採りに連れて行かれて、キノコ全くだめなのに「さあ、たくさんあるから採りなさい」と言われて心のなかで「ぎゃー」と叫びながらおそるおそる採ったことを思い出しました(笑)。
今ではエリンギやシメジくらいは食べられるようになりましたが、このジコボウはぬめりがあるからちょっとまだ無理そうです・・・。

No title

あはは、T教授ね。
そうか、実は苦手だったんだ。来週お会いするので伝えておきます(笑)。
でもキノコは体に良いらしいから、遊びに来たらたらふく食べさせてあげますね。

No title

へえ~! ジコボウが庭に生えるんだ! 高校生の頃まで、この時期は学校から帰ると毎日キノコとりをしていました。日曜はちょっと遠出してキノコとり。山の地のキノコの旨みは素晴らしい! どこでも売っているのとは、まったく別の食べ物! マツタケなんて、大味でつまらない、と断言します(けして強がりではありません、ホント!)。 ジコボウは、マツタケよりうまい、と言われて探したけど、一度しかみつかりりませんでした。私の実家周辺ではほとんど出ません。でもいろんなキノコがあって・・・雪の下にでるキノコまであるんです。思い出しただけでヨダレが流れます。

No title

jiji様もやはりそのような思い出をお持ちなんですね。
私は未だにキノコはおっかなびっくりです。中々見分けがつきませんが、
それなりに楽しませてもらっています。
雪の下のキノコって、なんだがロマンチックですね。

No title

 02です。
 奥様の分まで…というのはいらっしゃらなかったからでしょうか?
 確かにこの時期に山で採れるキノコ達は、汁物とかうどん・そば、和え物とか…全部和食ですね。改めて妙に納得してしまいました。

No title

いや、あまり美味しくないので(私が料理に失敗したため)、残した分を私が食べたという意味です・・・
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示