妻に連れられて


 今年の5月にも同じような記事を載せましたが、昨日も妻所属の団体で犬のマナーアップ運動がありました。しかし、今回は私も連れ出されることに。すみませんが、他の犬の落とし物まで拾えるほど出来た人間じゃないんですが・・・
 但し、会場の軽井沢は雨。清掃活動は中止となり、集まった方々と、軽井沢の素敵なお店で食事をして、いくつかのゲームをしてきました。「犬と一緒にだるまさんが転んだ」とか、「美味しいご飯、耐久待てレース」とか。
 結果、我がナヌークは総合ビリ!飼い主かっこわるい・・・。でもナヌークの顔は笑顔でした。
 写真は我慢出来ず、一人ご飯を貪るナヌーク、トホホ。
 
 午後はブランカも連れて家の近所の喫茶店へ。二人とも疲れたのか、夜はぐっすりでした。ただ、友人の愛犬が病気との知らせがありました。
 どの犬も健やかであれ。
関連記事

Comment

No title

残念ながら、友達夫婦の愛犬は、天国に召されたそうです。
犬を含め、通常ペットを飼うということは、その死を看取ることも覚悟しなければいけません。
ただ、それは頭では分かっていても、辛い出来事です。飼い主としての彼らの深い愛情を知っているだけに、こちらにも辛い知らせでした。
どうか、旅立ったものにも、健やかな眠りを、
二人にも笑顔が戻ることを。

No title

 02です。
 僕も1年ほど前に、喜怒哀楽を共にしたパートナーのうちの一頭と別れました。残った者にとって別れは辛い物ですが、旅立つ者に、最後にちゃんと、心から「ありがとう」と言ってあげられる関係を築いていきたいと思ってます。

No title

aegさん、そして奥様本当にいろいろありがとうございました。
今はまだ、ああしてやればよかった、こうしてやればよかったと、悔やまれることの方が多くて、「ごめんね」しかでてきません。
でも、いつかそのすべてが「ありがとう」になるように、笑顔で「ありがとう」が言えるようにならなくてはいけませんね。。。

No title

02様・まんさく様
「ありがとう」と言える関係・・・本当に理想だと思います。
ただ、どんなに手を尽くしても「ごめんね」という気持ちは残るし、
急に笑えっていっても難しいけど、きっと万ちゃんは「ありがとう」と言っていると思いますよ。本当に愛していたものね。

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示