猫たちの過去、未来。

 さて、猫たちです。実はこの猫たち、町のゴミ捨て場に捨てられており、町役場で保護されていた子たちなのです。生後1ヶ月程でしょうか。役場の方も可愛がってくれていたのですが、やはり保健所行きは避けられません。たまたまそれを知ってしまった妻が、役場にお願いして、引き取らせて頂いたものです。
 どんな事情があったのかな、ゴミ捨て場に置いた人には…。

 一週間経ちましたが、すぐにミルクには飽きて、離乳食やふやかしたカリカリを、もりもり食べています。体重もぐんぐん増え、400gを超えました。そうそう、獣医さんにも診てもらいましたが、回虫もいないようです。
 そして、こんなに小さいくせに、それぞれの個性も出てきました。

一番、男の子。一番元気な茶色のトラ毛。なんとなくリーダーっぽい。
IMGP7214.jpg

二番、男の子。きれいなグレー。一番ハンサム?ちょっとおっとり、というか、一歩引いて考えるタイプ。
IMGP7207.jpg

三番、男の子。通称サル。とにかくよく走る、そしてよく登る(笑)。
IMGP7204.jpg

四番、女の子。唯一のお嬢さん。とにかくご飯が好き。食べるの大好き。
IMGP7203.jpg

 あぁ、もうこのまま飼ってしまいたいですが、去年来たイコロは猫エイズのキャリアです。やはり接触は避けるべきかと考えています。今後、この子たちを引き取ってくれる、愛情をもって一緒に暮らしてくれる家を探していこうかと考えています。
 それまでの間ですが、大切に育てるのが私たちの役目かと。

 それにしても、さすが兄妹、顔のかたちが似ていませんか?
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示