ペルム紀情報その2   ディプロカウルス現る


 立て続けにペルム紀ネタです。
 これは私が小学校に上がるかどうかの頃、つまり30年くらい前でしょうか、東京上野の国立科学博物館で購入したものです。全長約20cm。重いです。博物館のお土産としては、初めて買ってもらったのがこいつだと記憶しています。 
 それはさておき、なかなかリアルに見える部分と、?の部分が混在していますが、立体模型としては貴重は貴重でしょうか。
 umrさん、参考になりますか?
関連記事

Comment

No title

ありがとうございます。
全体の雰囲気、特によれ具合がいい感じですね♪
しかし30年前とはA.E.Gさんの物持ちの良さには頭が下がります。

No title

当時科博で売られていた立体物は、これとフタバスズキリュウが白眉でした。
頭部はちょっと?ですけど、このあたりはumrさんの作品に期待しています。
しかし確かに30年前って聞くと、凄く昔ですねぇ。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示