講演・校正・亡き先輩

 と言う訳で、塩尻市平出博物館での講演を終え、無事帰宅しました。佐久地域の縄文遺跡の紹介といった内容でしたが、なんだか同じ話を繰り返してしまった、かな?

 さて、今回は桐原健先生が聞き手という形で、その分私は緊張でしたが、講演後お茶を頂きながら、とても貴重なお話を伺いました。以下、その内容の一部を。

 私は過去に何度か、編集者として桐原先生に原稿をお願いしています。その度に敬服するのが、校正の早さと、訂正箇所の少なさ。そのことを伺ってみたところ、こんな答えが返ってきました。
「論文なんてものは、そのときは完璧なつもりでも、一週間もすれば、不備や間違いが見つかる。でも編集者に迷惑をかけるので、出来るだけそのまま出す。気になる点は、次の論文で直せばいい。また書けばいい。」ということでした。
 …猛反省です。
 また、私に対し、結構書いているように思うがこれまでどのくらい書いたかと聞かれたので、「20本くらいだと思います」とお答えしました。すると「何だ、案外少ないな」とのお言葉。うぅ…。
 戻って来てざっと数えたところ、細かいレポートなども数えれば40本程は書いてたようですが、まぁとにかく、これからも書いて書いて書きまくりましょう。間違いは、次の論文で正すのです(笑)。

 それにしても、平出遺跡公園はとても立派になっていました。しかしここに来ると、やはり亡くなったO先輩のことを思い出し、未だに涙を禁じ得えません。あの人が愛し、私に考古学の楽しさを教えてくれた場所…。


CA3E0033.jpg
写真は携帯で撮影した、帰路の麦草峠付近。少し肌寒い、針葉樹の森の透明な空気。
カメラ、持っていけばよかったな。
関連記事

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆さんいろいろな思いを秘めて、研究活動にあっているんですね。
まだまだ精進です。

講演会お疲れ様でした

はじめまして、つかまの女房と申します。昨日の講演会、拝聴させていただいた一人です。キレがあって、コクがあって、とても楽しい先生のお話でした。桐原先生とのかけあいもそつなくこなされて(他の講師のみなさんも内心恐怖してると思いますが、聴いてるこちらはこれが楽しみです)、質疑応答の時間もあったので「古生代の生物について」とか、「おじいちゃんの思い出は?」とか、お聞きしたいことがいっぱいあったのですがグッと我慢。松本平からあまり外に出ないのですが、佐久に行ってみたくなりました。最後になりましたが、どうぞこれからもご活躍ください。

Re: 講演会お疲れ様でした

つかまの女房様 コメントありがとうございます。いやその前に、お聴き頂きありがとうございました。拙い喋りしか出来ず恐縮です。
桐原先生との質疑応答は緊張でした。こちらの考えが見透かされているようで、答えに窮しました。

> 「古生代の生物について」とか、「おじいちゃんの思い出は?」とか、お聞きしたいことがいっぱいあったのですが・・・
そうですね、当ブログを隅々までご覧下さい(笑)。ただ祖父(栄一)については、実際ほとんど記憶にはないのですが…。

>松本平からあまり外に出ないのですが、佐久に行ってみたくなりました。
嬉しいお言葉です。同じ信州、ぜひともお越し下さい。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示