目指せ「ソロモンの指輪」! 超小型アクアリュムの夢

 大学生の頃からですから、かれこれ20年近く、ずっと飼ってきました、熱帯魚。一時は60センチ水槽を2本、海水魚も飼育しました。そして常に、より大きな水槽に憧れてきました。
 その後、今の家に引っ越してからは、90センチでも120センチでも、いやその気になればそれ以上の水槽でもセット出来る環境にあるのですが、なぜか実行せず。まぁお金もかかりますしね。
 結局ここ数ヶ月は、小さな小さな水槽で飼っていたテトラたちも皆他界し、水草のみの水槽が玄関にぽつんと置いてありました。それでも昨年の暮れ、ネットで激安の60センチ水槽を購入。時間が出来たら凄く綺麗な水草水槽でも作ろうかな、なんて考えていたところ、忙しかったり、あの地震だったり…。色々考えてしまいましたね。

IMGP7111.jpg

 そこで、というわけでもないのですが、大形水槽とは真逆、フィルター無し、照明無し、ヒーターもホロホロシュリンプと兼用のシート型のみという環境を用意してみました。高さ15センチ程のガラス瓶に、残っていたアマゾンソードプラントとマツモを入れ、比較的低温でも飼育可能なアカヒレさんをお迎え。しばらくしたら、余った餌や苔も食べてくれるヤマトヌマエビも同居させようと思っています。
 昼間の自然光だけで、光合成は可能か?フィルターなしで、濾過バクテリアは増えるのか? 等々、不安はいっぱいですが、コンラート・ローレンツ著『ソロモンの指環』に書かれた「アクアリウム」を目指します。
 ただ、そうはいっても生き物相手ですから、失敗に備えてフィルター等は用意してありますけどね。

 はたして、どうなりますか…。
関連記事

テーマ : ☆水槽の中☆
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示