トラはインド、オオヤマネコは縄文、イエネコは膝の上

★完成したベンガルトラの模型、例によってパソコン上にて生態復元を行いました。
 IMGP6613.jpg 
 と言いつつ、こいつらの生息環境って、こんな感じでいいのでしょうか? あ、これから調べますけどね(笑)。

★群馬県立自然史博物館の長谷川善和先生が、研究報告の抜刷を送って下さいました。
 わざわざ謝辞に名前まで入れて頂いて、感激です。
 拝読したところ、実は縄文後晩期まで、オオヤマネコの骨は見つかっているんですね。
 おそるべし、縄文時代。

★彼らの末裔、と言うとちょっと違いますが、イエネコのイコロは、人間の膝の上でコロコロしています。


追記:考古学では「抜刷」っていいますが、自然科学系では「別刷」って呼びませんか?
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示