およげ!肺魚君その2(デボン紀の夜の夢)

先日アップしたディプノリンクスの画像の全体像。
まだちょっと不自然ですが、だいたいこんなイメージです。

巨大なシダとトクサ類が生い茂った、延々と続く湿地帯。
無数に存在する浅い湖沼には、肺で呼吸の出来る魚が数を増やしていた。
やがて彼らは陸上にも生活の場を広げていく…。

IMGP5712.jpg

と、それらしいことを書きましたが、実はとにかく不気味な雰囲気を造りたかったのです。
時々、夢に見ます。
見たこともない不思議な魚や生物が、たくさん泳いでいる光景を。
皆さんは、そんな夢、見ませんか?
関連記事

Comment

No title

雰囲気は違いますがぼくもそんな夢をみたことがあります。絶滅魚類大会の作品をつくってるとき。
南国の透明度の高い海で、ひざ下くらいの深さのとこで、たくさんの海水浴客の脚の間をいろんな種類の絶滅魚類とおぼしき生き物たちが泳ぎまわっていました。夢の中でぼくはそいつらに目がくぎづけだったんですが、海水浴客たちがまったく関心を示してないのがショックでした・・・。

Re: No title

> 雰囲気は違いますがぼくもそんな夢をみたことがあります。南国の透明度の高い海で、ひざ下くらいの深さのとこで、たくさんの海水浴客の脚の間をいろんな種類の絶滅魚類とおぼしき生き物たちが泳ぎまわっていました。
それですそれ!見るんですよ、そういうの!
私の場合は海だったり、水族館(少し怪しい雰囲気の)だったりするんですが…。
実は身内でもいて、mixiあたりに「怪しい水棲生物泳ぐ夢見るコミュ」とか作ろうなんて話をしたり。

>夢の中でぼくはそいつらに目がくぎづけだったんですが、海水浴客たちがまったく関心を示してないのがショックでした・・・。
まぁ、それは仕方ない(笑)。

あらららら・・・

それにしてもこの画像、暗いモニター(例えば私のiBook)で見ると、結構意味不明ですね。
もうちょと修正します。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示