博物館はかくあるべき…岸和田の旅その3

 大分時間が経っていますが、前回の続きです。
 徳川さんの案内でたどり着いた今回の舞台「きしわだ自然資料館」。着くなりスタッフの方々が、見ず知らずの私を歓迎してくれました。

・歴史のある建物のようですが、お洒落な佇まい。
IMGP5836.jpg

 まずは展示を見学。今回の企画展についてはまたいずれ触れますが、私、常設展にも深く感動しました。
 良い資料があるとかないとか、そういうことではなく、各所にスタッフの方々の工夫が見られ、来館者の関心を引くことに意識が向けられているのがよく分かります。
 
・宅地の脇に育つ草花
IMGP5811.jpg
・テトラポッド
IMGP5812.jpg
他にも神社の境内や家の軒先などが再現してありあす。こういった、何気ない展示、私はとても好きです。

・他にもこんなコーナーが
IMGP5839.jpg
IMGP5844.jpg
来館者の目線に立った展示や施設は、気持ちがいいものですね。

 しかし、博物館はやはりスタッフが全てです。この館では、あのチリメンモンスターが有名ですね。これについての詳しい説明は省きますが、私がいた間にも、新しい発見があったようです。やはりパワーのある館は違う。
 また今回、そもそも私なんかに講演をさせてくれるということ一つとっても、非常に懐の深い博物館ということが分かります。

 私も学芸員のはしくれ、いわば同業者ですが、大変刺激を受けました。最近では博物館に居られる時間がますます減っていますが、まだやれることはあるはずですね。

 館の皆さん、本当にありがとうございました。差し入れのタコ焼きもおいしかったです。

 さて、完全にタイミングを外していますが、私の岸和田日記はまだ続きます。
 次回「モササウルスよ、おまえもか! 驚異の三日月尾ビレ編(仮)」に続く。
関連記事

Comment

No title

ええ、「徳川家の野望」はどこに!?

Re: No title

> ええ、「徳川家の野望」はどこに!?
そ、そこですか!(笑)
天下を狙う彼の野望については、またおいおいと…。

きしわだ自然資料館

A.E.G.様
いつも覗いてるだけでした、すんません。
きしわだ自然資料館、大阪にいた頃に行っておけばよかった。でも和泉方面は縁遠くて足が向かなかったのです(先入観で怖かった?)
博物館、というか自然と景観と歴史の連携について妄想していることがあります。実体化の目標5年後に向けて、いろいろとご指導ご協力くださいね。

私も行きたかった

私もみなさんのお姿を拝見しに?いきたかったですが、
残念でした。

館は人なり、ということなんですね。
やっぱりそうなんでしょうね。行く先々でそれを感じます。
何しろ、買い物やレストランに行ったって、一番気になるのはそこの店員さん。
博物館もそこに働く様々な人たちの行いが、すべて館全体に反映されていますよね。
今年おじゃました佐賀県立宇宙科学館も、昨年おじゃました蒲郡も、それはそれは
館の人たちの知恵とパワーと集結した感じでした。
岸和田、いつか行きたいです。

もう明日は大晦日ですね。
今年もお会いできずでしたが、
来年は積極的に動こうと思っていますので、お会いできるチャンスがあればいいなと願っております。
良い年をお迎え下さい!ありがとうございました。

Re: きしわだ自然資料館

anoguchi 様
> いつも覗いてるだけでした、すんません。
とんでもございません。ようこそ寒い信州へ(笑)。
岸和田、いいところでしたよ!

> 博物館、というか自然と景観と歴史の連携について妄想していることがあります。実体化の目標5年後に向けて、いろいろとご指導ご協力くださいね。
またなにかたくらんでおいでですね。私にお手伝いできることなら何なりと。

Re: 私も行きたかった

> 館は人なり、ということなんですね。
本当にその通りです。箱物って揶揄されますが、
それは博物館という施設を理解していない浅い考えですよね。
もっとも、それを分かってもらう立場に、私もいるわけですが…。

> 今年もお会いできずでしたが、
> 来年は積極的に動こうと思っていますので、お会いできるチャンスがあればいいなと願っております。
本当にぜひお会いしたいものです。来年こそは。
タブリン様も良いお年を!

No title

書いていただき、ほんとうにありがとうございます。
あんまり大きな施設ではないのですが、人に恵まれているのは確かですね。
こんなんしよう、って提案してくれる人、だめなことをしてたら、軌道修正してくれる人、縁の下の力持ちの人、いろいろな人がいてくれて、ありがたい限りです。

これからも、よろしくです。

Re: No title

ちよのすけ様

> 書いていただき、ほんとうにありがとうございます。
いえいえ、とんでもございません。

> あんまり大きな施設ではないのですが、人に恵まれているのは確かですね。
たった二日間拝見しただけでしたが、ようくわかりました。
これもちよのすけさんのご人徳故ではないかと。

> これからも、よろしくです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示