これで完成を信じて下さいね…コッコステウス・ディプノリンクスその9

 ようやく、ここまできました。あとは表面処理と塗装のみ。締切りまであと一週間ですが、これで「主催者といえども、ちゃんと日程は守ってますよ」と、信じて頂ければ幸いです(笑)。
 どちらも突っ込み所満載ですが、「なんでこんなプロポーション?」とか「この復元に何か根拠は?」といった点は、いずれ大会本番で明かしたいと思います。

ここではとりあえず、自分的に残念なことを。

コッコステウス
IMGP5620.jpg
 当初、頭で描いていたのは「水底の砂泥を、獲物ごと下アゴですくい上げている姿」。しかし、肝心の獲物を作ることが出来ませんでした。おまけに口の中を考察する余裕もなく。結果、まことに中途半端な半開きに…。

ディプノリンクス
IMGP5618.jpg
「この魚は水際にはいるが、鰭で陸上を歩いてはいない」。そんな気分でベースまで作ったのですが、これを分かってもらうためには、やはり水陸の境を表現したい。それには水を表現できる透明樹脂を流し込むのが一番! 幸い材料は大量にありますし。
 しかし、今の私に、これを使う勇気はありませんでした。だって奥さん、それをしたら未来永劫、お魚は樹脂の中ですよ。そこで、後ろ側に半透明の塩ビ版を配置。どうですか、言われれば何となく水際に見えはしませんか?
 …見えません、ね。

 ま、まぁ、とにかく結果は「絶滅魚類大会」で!!
 皆様の力作もお待ちしています!!
関連記事

Comment

No title

絶滅魚類大会応募しました。これから編集作業がたいへんだと思いますが楽しみにまっています。どんなめずらしい魚が見られるるだろう、と今からわくわくしています。はやくデボン紀の海に潜りたい!

Re: No title

ヤマモト様
そちらのブログも拝見していましたよ。私何ぞは出る幕も無い感じです…。
発表までは今しばらくお待ちくださいね。

> はやくデボン紀の海に潜りたい!
私は、穴があったら入りたい!
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示