つぶれた化石は直さないと…コッコステウス・ディプノリンクスその4

 なんだかすっかり犬ブログと化していますが(いや、楽しいんですけど)、ここら辺で少しは製作状況を。IMGP5417.jpg
 絶滅魚類大会用の作品その1・コッコステウス。ちまちま進んでます。
 ネット上でも沢山目にする事の出来る「押しつぶされた化石」を見ると、もっと頭部は丸くてでかい感じを受けます。しかし群馬県立自然史博物館の展示にあった「三次元的に復元された化石」(「コッコステウスの一種」と解説あり)を見ると、案外こんな感じなんですよねぇ。
 さて、どうしましょうか(笑)。
関連記事

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

No title

板皮類の外骨格の部分、皮膚が有るのか無いのか解らないのです。
私が調べた限りでは無さそうなので、化石の表面のまま作ろうと思っているのですがA.E.G様はどんな表現になさいますか?

Re: No title

> 板皮類の外骨格の部分、皮膚が有るのか無いのか解らないのです。
ご安心下さい。私も解りません(笑)。
復元画などを見てもまちまちですね。私は漠然と、表皮のような物くらいはあったかと思いますが、
種によっては表面に粒状の構造が見えるものもありますよね。アレなんかを見るとまた悩む。

残りの時間でそんな文献に出会えたら、連絡させて頂きます。
こちらも情報お待ちしていますけど。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示