山城を行く


 最近、依頼された原稿の関係で、近辺のお城を歩きました。城といっても天守閣や立派な石垣があるようなものではなく、室町時代から戦国時代の城郭(山城と言ったら分かりやすいでしょうか?)です。
 大抵は残された絵図や文献、さらには地名から城の様子(縄張り)を類推してありますが、実際現地に行ってみると、結構これがそのまま残っています。郭とか堀とか、本当に絵図の通りだったりするんですね。しかも大抵は小高い丘や尾根上に位置しているので、登ると周辺が見渡せて、なかなか清々しい気分です。

ちなみにまわった城を一応列挙すると
・海尻城(南牧村)
・相木城(北相木村)
・望月城(佐久市)
・春日城(佐久市)
・岩尾城(佐久市)
・芦田城(立科町)
また、これらに関連するお寺もいくつか、と言ったところでしょうか。

 まあ地元の方でもない限り、ほとんどご存知ない場所だとは思いますが、現在放映中の大河ドラマにも結構関連しているんですよ。実際にまわってみて、こんな地方でも武田信玄(全国区のお人)と結構関わりあるものだと改めて思いました(但し武田の皆さん、信濃ではなかなかひどい事をやっています)。
 写真は佐久市望月の康国寺というお寺。武田からやがて徳川に付いて、結果的に佐久地域をほぼ統一した依田氏の、松平康国という人物の菩提寺です。この背後の山が春日城というお城になります。尚、現在大河ドラマではこの人のおじいさんになる依田信守が、武田の家臣として活躍中です。

 皆さんもぜひ、身近な歴史を体験してみてはいかがでしょうか?
関連記事

Comment

No title

さすが、健脚、タフですね。いずれも山城ならば、それなりの険しい山頂への道を歩かれたことでしょう。いくら涼しい林間とはいえ、強健ですね。

 今いる職場の裏山が、明智光秀配下の山城「田能城」だったようです。今は木が生えているのみで、頂上には一段高くした部分がありますが、手入れされてません。  実家(岡山県津山市上田邑)の前に立つと、「神楽尾城」が見えます。今は本丸周辺の雑木を切り、手入れして、登山道も歩きやすくなりました。津山藩は森家に始まり、松平へ。五代綱吉の治世・森家の頃には赤穂藩との関わりから浪士に加わった者もいるようです。劇画にもなっています。(森一族―新・藩翰譜 (1) (2)久保田 千太郎 (著), ほんま りう (著) 小学館 (1996/07)
すみません、aegさんはこういった時代のことにもお詳しいのでしょうね。またゆっくりと中世の歴史もお伺いしたいです。
それにしても暑い毎日ですね。

No title

いやーたいして健脚でもないし、中世や近世についても薄ぼんやりですよ。どうやらタブリンさんの方がお詳しいような。
それでも、何か一つ理解すると、どんどん世界が広がっていくのが好きなんですよね。
歴史というのは、小さなことも少しづつ繋がって出来ているんでしょうねぇ。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示