二日間一人旅 その3…学会と博物館


 東京に着いて先ず向かったのは世田谷区の国士舘大学。日本考古学協会第76回総会の会場である。恥ずかしながら、今更新入会員に加えて頂いた。もっともこの日は壇上で会釈したのみ。
 午後はその足で上野へ。既に何度か書いているが、小学生の頃、母親が何度も連れていってくれた場所が、上野の「国立科学博物館」だ。高校生になってからは、友の会にも入っていた。通算で、何度行ったか分からない。
 この日、十年程ぶりに入館した。私の通っていた頃とは何もかも変わっている。もちろん、展示物の一つ一つは、素晴らしいの一言。じっくり見ていけば、数日は必要な筈だ。企画展「大哺乳類展」もあわせて見学。様々な動物の大きさを、肌で感じることが出来た。図録も素晴らしく、今後の製作活動に活かせそうだ。 しかし、あくまで個人的な感想であるが、私は全面リニューアル前の展示の方が好みだった。荘厳な建物、少し薄暗い館内、ちょうど一日で見学できる程の展示量。そして、入口ホールで我々を太古の世界に誘ってくれたタルボサウルスの骨格。写真の位置にそれがあったのだが…。
 無論、懐かしさに浸っていても仕方ない。博物館も時代とともに変わる必要があるだろう。むしろその時代についていけないのが、自分なのだ。
 
 その後、久しぶりの東京の空気と蓄積した疲れにやられ、本屋にも電気街にも寄らず実家に向かった。 14歳になる実家犬のマルが元気で嬉しい。一泊し、翌日に続く。
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示