なつかし?のカリコテリウムを「Photoshop Elements 8」で!


 結局、どうしても「Gimp」は肌に合わず、「Photoshop Elements 8」を導入しました。これで各種画像処理も、iMacの広い画面で快適に行えそうです。
 早速、カリコテリウムの生態画を作ってみました。本当は詳しい製作過程を紹介しようかとも思ったのですが、まだ新しいソフトの機能を理解できていないので、ここでは簡単な説明のみを。

 今回ははじめから「手と首を上に伸ばして木葉を食べようとするカリコテリウムを、さらに上から見たところ」というイメージがありました。
 そこで少しでもパースが出るようにズームレンズの広角側で、さらに自然な影も欲しかったので太陽光でカリコテリウム本体を撮影。
 次に「Photoshop Elements 8」を使って余計な部分を切り抜き、模型の地面のみを撮影し加工した画像に重ねます。
 さらに立体感を出すため、やはり模型の枝葉を加工した画像をカリコテリウムの上に重ねます。あとは影を付けたり、ぼけみを調えたのがこの画像です。
 もう少し調整したら、ホームページに掲載する予定です。お楽しみに。
 
 あ、パンダもまだ載せてなかった…。
関連記事

Comment

No title

太陽光での撮影は、やっぱり良いですね。
このアングルは、カリコテリウムならではかも。
上に伸ばした腕が良い感じで収まってます。
「動物写真」として、非常に魅力的になってます。

No title

ふらぎ様 ありがとうございます。
そうなんですよ、腕。しかしその肝心な腕が隠れてしまっているので、そのへんを少し調整するつもりです。
>「動物写真」として、非常に魅力的になってます。
嬉しいお言葉です。
早くふらぎさんのディオラマも見たいなぁ…。

No title

こちらへの書き込みは初めてになるかも知れません。
ヤマモトです。A.E.Gさんの、作品が最後に一枚の写真みたいになるのが好きなのでいつも楽しみです。画面をつくるのにいろいろな技があるんですね。楽しそうなのでぼくもいつかやりたいです!

No title

ヤマモトさん、ありがとうございます。
画像については、大した技術は持っていませんが、雰囲気重視で楽しんでいます。
案外簡単です。ぜひ挑戦してみてください。
ヤマモトさんのブログも拝見していますよ。資料をたくさん集め、さらに骨格から作る造型、説得力がありますね。パキリノサウルスの完成も楽しみにしております。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示