寒くても、春


 昨年の秋はドングリが豊作でした。あまりにも沢山なので、庭のそこかしこと、用意したプランターに植えてみました。
 ところが最近、プランターの土の表面に奇妙な穴が。はじめは単に土が崩れただけと思っていたのですが、どうも偶然ではない。なんと、植えたドングリを何者かが持ち去っているんです。リスか、ネズミか、それとも他の誰かでしょうか?

 対策として、とりあえず落ちていた枝をがさっと乗せましたが、今朝も一つ二つやられていました。
 折角集めたドングリに芽を出して欲しいのはもちろんなのですが、これで飢えを凌いでいる誰かもいるんだと思うと、完全に蓋をする気にもなれず。「でもねぇ、このうち何個かでも育てば、この何十倍ものドングリになるんだよ」、なんて説明しても、目の前のご馳走にはかなわないんでしょうねぇ。
 先日の雨氷では、若いのもそうでないのも、背の高いのも低いのも、沢山の木が折れてしまいました。でもこれもある意味自然の営み。日差しが地面にまで届くようになって、新しい枝を伸ばす若木も増えるはずです。庭に植えたドングリたちも、芽を出して欲しいものです。

 こちらは、昨年玄関脇に作った小さな花壇。ライラックとスイセンが、新しい芽を出しています。
 
 ドングリも、リスもネズミも、ライラックもスイセンも、みんな寒い冬をよく乗り切りました。
 春はすぐそこです。
関連記事

Comment

No title

ドングリ目当ての小動物にとっては、食料保管庫を見つけた程度にしか思わないでしょうからね~
山間地ならではのエピソードで、微笑ましく感じます。
我が家の庭なんて、猫のウ○チが転がっている程度の変化しか有りませんから、何とも楽しそうに思えますよ。
それにしても、盗人の正体が気になりますね。足跡も無かったのですか?

No title

こにょ様 そうですねぇ、彼らにとっては願ってもない食料保管庫ですよね。
足跡…そう言えば、足跡もありませんでした…。
そして、今朝もやられてました(笑)。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示