思い出の場所と人


 先日、久しぶりに長野県東筑摩郡朝日村の歴史民俗資料館を訪ねました。ここは縄文時代中期(約4~5000年前)を中心とした大集落・熊久保遺跡のあった場所でもあります。
 学生の頃先輩に連れられ、この遺跡から出土した土器を復元する作業に参加させてもらい、毎年夏休みと冬休み、かなりの時間をここで過ごしました。この経験がなければ、今考古学を続けていたかどうか?私にとって、とても思い出深い場所です。ただ、ここで私たちのお世話をして下さった二人の先生が、既に鬼籍に入られてしまいました。
 お一人は考古学の大先輩。ここで指導していただいて以来、何かと目をかけていただきました。昨年、故人となられ、長野県考古学会の機関誌で追悼号を出すにあたり、ここ熊久保遺跡の土器を使った論文を書かせて頂きました。
 もうひとかたは、この資料館に勤めておいでだった、もと教職にあった先生で、常に私たち「ものを知らない学生」をかばい、行政のなかで難しい役回りを演じて頂いておりました。3年ほど前に他界され、以来無沙汰だったのですが、この日、上記の論文が載った機関誌をご遺族の方にお渡しする事が出来ました。
 改めて、貴重な時間と体験をさせて下さったお二人に、感謝を申し上げます。
関連記事

Comment

No title

なつかしいです!先生、お亡くなりになっていたのですね・・・。
ああ、でも何にも分からない私たちを連れて行ってくださったaegさんにもほんとうに感謝です。たくさんの愛も生まれましたしねえ(笑)。

No title

いやいや、私、本当に何も知らないおバカでしたよ。
先生方や先輩、私よりやや賢い同級生、そしてあなた達優秀な後輩がいてくれたからこそ、続けられたと思います。
>たくさんの愛
ん? そうだったっけ!?
なんと不謹慎な!プンスカ!!

No title

>たくさんの愛
 ・・・そうですよ! aegさん、このジャンルでの感謝も忘れちゃいけませんよ(笑)!!

No title

これはjiji様。なんとコメントしたらいいか・・・
いや、まぁ、その、おっしゃる通りです。

こらlotusちゃん、へんな話しを振らない!せっかくいい話しだったのに。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示