東京、土器、懐かしい土地


 今回の東京行きは、縄文時代早期の撚糸文土器を見学するのが目的でした。今私の取り組んでいる栃原岩陰遺跡の土器を理解するためです。
 東久留米市郷土資料室では多聞寺前遺跡の土器を、母校明治大学博物館では夏島貝塚の資料を拝見しました。
 どちらでも担当の方々にはお世話になりました。お陰様で、何かが見えてきた気がします。
 また東京国立博物館で開催されている「国宝 土偶展」を見学。素敵な後輩S君、いつもありがとう。

 とまぁ、考古学的に充実した旅だったのですが、実は土器だけでなく、十数年ぶりに東久留米市を訪ねること、それ自体が目的の旅でもありました。
 大学に通っていた4年間、私はこの東久留米市で発掘や整理作業のアルバイトをさせてもらい、考古学を学びました。発掘の技術も遺物の分析方法も、実測も拓本も、全てここで教えて頂きました。
 いや考古学だけではありません。お酒の飲み方も(結局のところ飲めませんが)、本当の意味での人と人との付き合い方も、とにかく色々なことを教わりました。
 今回は土器にかこつけて、里帰りがしたかったのです。
 武蔵野の面影の残る街並みは変わりつつありましたが、昼飯を買いに走った店や、交差点にある大きなケヤキを見て、楽しい思い出が次々と浮かんできました。そして、ずっとお世話になった方にもお会い出来て、夕方には素敵なお店にも連れて行って頂いて、本当に、本当に嬉しかったです。
 今度はぜひ、信州にお呼びします。

 そうそう、写真。西武池袋線東久留米駅西口前のレリーフです。何を隠そう一番左の縄文土器は、当時の私の実測図が元になってるんですよ(の、筈)。


 オマケ、今回驚いたこと 
 1. 土偶展見学者の美人率の高さ
 2. 都内でのiPhone(iPod touch?)の普及率の高さ
 3. すでに切符の投入口の無い改札機の多さ
  …田舎者っぷりがばれますね。
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示