モノクロ写真でモノクロ動物

 先日の蕁麻疹の記事、つまらないことを愚痴ってしまい反省しております(妻にも注意されました)。わざわざメールや電話をくれた方も…。すみませんでした。おかげさまで、大分落ち着いています。原稿だって、ぼちぼち進んでますよ。
 さて、大分時間が経ってしまいましたが、モノクロ写真について。
 昨年PENTAXのK200Dを購入して以来、かなりの数の写真を撮りました。そのなかで、特に疲れているような時は、モノクロモードを多用していることに気付きました。自分の中で色をさばく余裕がないのだと思います。ただその分、余計なことを考えず、本当に撮りたいものに集中していることにも気付きました。
 そしてレンズについても「絶対ズームレンズの方が便利」と思っていましたが、単焦点のレンズにしますと、やはり被写体に集中出来る気がしています。
 要するに、色彩を削り落とし、フレーミングも潔く決めることで、ひたすら被写体に向き合える。意識するのは構図と絞りのみ。これくらいが、今の自分の力量に合っているようです。
 
 今思いつきましたが、古生物の色は基本的に想像な訳ですから、モノクロの方が見る人の想像を掻き立てていいかもしれないですね。と言いつつ、写真は先日完成したシャチ。しかも、もともと白黒の動物(笑)。
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示