トークと東京と、庭の新緑


ここ数日のことを。

5月9日
 シンガーソングライターの美咲さんのliveにて、少しだけ(10分だけ)、お話をさせて頂きました。その様子は美咲さんのブログによくまとめて頂いているので、こちらをご覧下さい(美咲さん、人任せでスミマセン)。
 ちなみにこの日、夜10時頃麦草峠を越えましたが、すれ違った車1台。出会ったシカ10頭前後。静寂を乱してごめんね。
 尚、このliveについて、多くの方が私にも触れて下さっているのですが、どこからどうなったのでしょうか?私の名前は「藤村」ではないし、勤め先は「木村考古博物館」ではございません(笑)。お気付きの方は訂正していただければと。

-------------------------------------
5月12日
 この日は久しぶりの東京でした。今回は妻と二人、高速バスにて。少し時間はかかりますが、新幹線の半分の金額です。
 さて、東京では、先ず上野の山で優秀な後輩であるS君と待ち合わせ。彼がある陶芸作家の作品を探しており、その作品が私の祖父に渡っていた可能性があったそうなのですが、写真をお見せしたところ、こちらの予想通り、祖父の部屋に残っていたモノは全部該当外。S君、期待に沿えなくてすまない。でも会えて嬉しかったです(それに色々ご配慮ありがとうございました)。
 そしてそのまま国立博物館の「阿修羅展」見てまいりました。平日なのに凄い数の人で一瞬たじろぎましたが、50分並んだ価値はありました。六本の腕の作り出すあの空間、言葉に出来ません。尚、海洋堂製のフィギュアは既に完売とのこと。

 さて次は、母校M大学に向かいます。お茶の水界隈も少しづつ変わっていますね。何より肝心の母校がもう、私の在学中とは全く変わってしまっています。完全にビルです。そう言えば、この下、発掘しましたねぇ。あとタワー最上部の丸いドーム内部は、亡父の最後期の仕事でした。
 そんな感傷はともかく、目的は、私の職場にある遺跡から出土している黒曜石製石器の産地同定の依頼。間を取り持ってくれた優秀な後輩のY君、本当にありがとう。おかげさまで、快く引き受けて頂けました。これでこちらの研究も少しは進展出来そうです。

 そしてその間、別の用事を済ませて神保町の古書店巡りをしていた妻が、私の愛読書、言わずと知れたJ.R.Rトールキン著『指輪物語』の前編にあたる『ホビットの冒険』を見つけてくれていました。かわいいとこあるじゃないの。
 
 いやしかし、今上野まで行って、あの恐竜展見てこない私は、古生物ファンの風上にも置けないやつですね。「絶滅哺乳類大会」締切りまでもうわずか。燃えろ、古生物魂!……魂?

-------------------------------------
5月13日
 わが家の庭。昨年移植した小さなコナラやミズナラが、冬を乗り越えて新芽を出しました。
関連記事

Comment

No title

そういえば リバティー・タワーは鴻池にいらしたお父さんが担当されてましたね。23階のドームの設計はとても心地よいと評判がいいですよ。

No title

jiji様、ありがとうございます。
実際に使う方に「心地よい」と言って頂けて、父も喜んでいると思います。
ただ、鴻池ではなく竹中ですが(笑)。

今度上京する際は、また昔のように遊んでやって下さいませ。

No title

美咲さんのブログ拝見しました。
ワカサギ釣りのイメージとずいぶん違いますね。なんちゃって。

No title

そうですか?違いますか?
違いますね、きっと。
釣りの時の方が「男の顔」だったですよね?
多分。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示