幻の遺跡と友人


 昨日は、午前中に「小海町史談会」という会で、中世の山城について講演。なにせ専門ではない分野なので、内心冷や冷やしながらの発表でした。まぁ笑いはとれたのでよしとしましょう。・・・ん、いいのか、それで?

 午後は長野県と佐久市の担当者に声をかけて頂き、佐久市の月明沢遺跡へ。何でも建設中の中部横断自動車道が、この遺跡を通り抜けるそうです。
 さて、実はこの遺跡、知る人ぞ知る幻の岩陰遺跡。1971年に調査されていましたが、場所が非常に分かりづらい。今回呼んで頂けてとても助かりました、
 遺跡の性格としては、出土した(あるいは採取された)土器や人骨、さらには孔の開けられた人の歯などから、おそらくは弥生時代の再葬墓関連施設(別の場所に埋葬した遺体若しくはその一部を安置した場所)と考えられます。
 しかしすごい立地でしたね。落ちたらヤバいじゃ済まない。下を流れる沢まで真っ逆さまです。
 こんな場所に高速道路を通すというのは、やはり国のやることは違いますわ。 一方で、この岩陰遺跡に隣接する山城や、発掘調査中の別の遺跡からの眺めは非常に良いものでした。東は千曲川の流れをはさんで関東山地、北は広々とした平野の向こうに浅間山。
 但し、ここも道路になるわけです。 

 で、この留守中、私の職場を友人のY君が訪ねてくれたようですが、一応私も動いているので、アポを取りましょう。お土産は頂きましたけど(笑)。

-------------------------------
 さて、洞窟・岩陰遺跡については、そろそろHPなりブログなり作って、全国の研究者と情報交換をしたいとも考えているのですが、何分知名度低いからなぁ、わたし。
関連記事

Comment

No title

月明沢遺跡のことを、昨日29日にt氏から聴きました。すごい傾斜のとこだといってましたが、この写真でびっくりです。調査前にいってみたいなあ♪

No title

jiji様、ご無沙汰しております。
本当にスゴイ立地でした。当時はどうだったのでしょうか。
弥生前期の遺跡もポツポツ見つかっているようですし、
この遺跡の再評価もしてみたい気がします。

お出でになる時は、ぜひ現地を知る方と…。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示