やっぱり哺乳類って難しいのか・・・カリコテリウムその7


 たまには粘土細工です。
 そろそろ、締切りも気になり始めた「絶滅哺乳類大会」。先日、大会用のブログに偉そうなことを書きましたが、やっぱり難しいですね哺乳類。これまでいくつも作っていますが、如何に骨や筋肉を適当に処理していたか、改めて痛感しています。
 まぁそれでも少しづつ。 筋肉が大分付きました。前回までより太くなっています。
関連記事

Comment

No title

カリコテリウム、哺乳類としての難しさに加えて、
あのプロポーションに関する様々な判断が難しいと思います。
A.E.Gさんの作品がどういう復元になるか、楽しみです。


そういや、カリコテリウムも研究者がいるはずですよね。
一体、どんな研究が進んでるんでしょうか。
ちょっと調べてみようかな、、、。

No title

>あのプロポーションに関する様々な判断が難しいと思います。
そうなんですよ!ホントにおかしな骨格なんです。
始めは少し変わったウマくらいに考えていたのですが、だんだんその奇妙さに惑わされ始め・・・。
特に肩甲骨から上腕骨にかけての筋肉、
ナックルウォークをする、しかも内側を向くとされる手首など、
未だに悩んでいます。

>A.E.Gさんの作品がどういう復元になるか、楽しみです。
そうですね、BBCの映像ほどがに股でも太っちょでもなく、もう少し普通の四肢動物っぽく、といった感じになりそうです。

>ちょっと調べてみようかな、、、。
私もふらぎさんのように勉強しないといけませんね。
頑張ります!
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示