恐竜について知りたい方、これを読んで下さい。


 発売から大分経ちますが、ようやく『恐竜の復元』という本を手にしました。恐竜(古生物)好きな方は「何を今更」だとは思いますが、以下私なりの感想を。
 基本的に国内外の古生物アーティストの復元模型やイラストが楽しめ、さらにそれらに関する第一線の研究者の解説を読むことが出来る本です。
 日本人のアーティストとしては、このブログでもコメントを下さる木製の恐竜骨格模型の田渕良二氏、石膏粘土による復元模型の徳川広和氏、某SNSではお世話になっている画家の小田隆氏、このお三方が参加されています。各作品の素晴らしさは今更私が語る必要もないですし、その力量も持ち合わせていません。が、この本の特徴は前述の通り最先端の研究者による解説が付くこと。個人的にはもう少し作品そのものへの説明(つっこみ)を入れて欲しかった気もしますが、復元画や復元模型という目に付きやすいものの裏側、それは芸術であり科学でもあるわけですが、そんな世界を垣間見られる本だと思います。
 確かに安い値段ではありませんが、「このレベルの本」と考えると破壊的に安い(考古学の専門書は軒並みもっと高い)。この分野に興味のある方には「必読の書」でしょう。もっともこのブログ、必ずしも恐竜好きの方がご覧になっているわけではないようですが、そんな方でも楽しめる本です。

 それから、個人的な想いですが、「ペルム紀大会」の共同主催者でもあるふらぎさんこと徳川氏について。私と彼の関係はこちらを参照して欲しいのですが、スタート位置も、目指す方向も、造形的な手法も同じ(だった筈)の私から言わせてください。

 『モデルグラフィックス』のあの頃は、私たちは同じスタートラインにいたように、私は勝手に思っていました。しかし私が自分の生き方を見つけられずにいる頃、貴方はひたすらに腕を磨き、造形のレベルでは遙か上に行ってしまいました。のみならず「科学的にも正しい古生物の復元を行う」という強い信念のもと、真摯に学び研究されることで、その知識はもはや素人とは呼べない域です。国内外の論文を読みあさり、アメリカの学会にも参加するなど、今、日本の古生物立体復元模型の分野では、間違いなくトップクラスにおられると思います。
 目指すものが同じ(だった筈)の私には、作品からにじみ出る才能と、隠された努力の跡が、(他の誰よりも)よく見えているつもりです。
 思えばいつかの私は、貴方の様な生き方に憧れていた。粘土片手に世界各地を飛び回り、第一線の研究者と成果を分かち合うような。正直なところ、多少の嫉妬や敗北感も含みつつ、私(おそらく私たち)の夢をひた走る背中を見つめることもありました。その私が言います。 

     徳川君、どうか、もっと遠くへ。

 と、これだけ書けば本にサインくらいくれないかしらん。
 まぁお互い立場は違いますが、「ペルム紀大会」に続く造形大会、楽しんで企画しましょう。皆さんは告知まで、今しばらくお待ち下さい。

 あ、明日のフォーラムの予習しなくては!
関連記事

Comment

No title

まだまだ、出発点ではあるのですが、
ここまでこれたのは理解のある家族、
励まし、一緒に悩み、助けてくれる友人、
私の作品に期待してくれている仕事仲間、研究者の方々、
本当に多くの方の御陰だと思っています。
まだまだ一つの仕事として確立されたジャンルではなく、
この先どうなるかは全く判りませんが、とにかく今は
少しずつ前進している事は実感しているので、
こうなれば行けるトコまで行ってしまおうと思っています。
A.E.Gさんにも、まだまだ面白い物、お見せしますので、
是非適度に巻き込まれてやって下さい(笑)。

No title

お~徳川さん!
『今は少しずつ前進している事は実感しているので、
こうなれば行けるトコまで行ってしまおうと思っています』
覚悟ができていらっしゃるのは素晴らしい!!
腹をくくるのはなかなか簡単なことじゃありません。
私も末席ながら活躍を見守ってまっせ!

ところで、貝塚産のモササウルスについては、Clidastesに近いと思いますか、それともPlatecarpusに近いと思われますか?

No title

ふらぎ徳川様
力強い言葉ですね。カッコイイです。
なんだか私も元気になりますよ。
では、家庭生活に支障がない程度に、適度に巻き込まれます(笑)。

タブリン様
タブリンさんは「末席」というか、すでに同じくらいの位置にいらっしゃりはしますまいか?
さて、モササウルスについては、ふらぎさんへの質問ですよね?(私には皆目わかりません)

No title

覚悟というか、力強いというか、結局は
後戻り出来なくなってるだけのような気もしますが(笑)。
おだてると調子にのって頑張るので、応援宜しくです。

タブリンさん、
貝塚産モササウルスに関しては、後ほどメールします。

No title

そう!人間は褒められて育ちます、よね。
ではモササウルスの件、お願いします。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示