FC2ブログ

旧石器だ、これからは旧石器だ! 歴博の針

 先日、お招きを頂き、国立歴史民俗博物館・総合展示第1展示室「先史・古代」のリニューアルオープンの内覧会に行ってまいりました。

「なぜ、キサーマが?」

ごもっともな疑問でございます。私もびっくりです。

 実は数年前、いつもお世話になっている某浅間縄文ミュージアムの堤館長から、展示に使う骨製の針を作って欲しいという依頼を頂きました。で、手元にあったニホンジカの四肢骨を石で磨いで数本作り、「どうぞ」としていたものです。そんな縁で、呼んで頂いたというわけです。

で、その針がこちら!

IMG_5085.jpg

み、見えます?

 新しくなった旧石器時代の展示には、実物大の復元模型やジオラマが多く、私的には、その造形にも度肝を抜かれましたが、ほんの一部でも関われたことに、感無量の思いです。堤隆さん、歴博の工藤雄一郎さん、ありがとうございました。

IMG_5100.jpg
これは、インスタ映えを狙った展示とか。どうぞみなさんも、このポーズで。

IMG_5077.jpg

 展示全体は、私なんかが口を挟む余地はないので「是非みなさんご覧下さい」としか書けませんが、個人的に嬉しかったのは上の写真。「弥生中期以降にイエネコあり」と思うと、俄然弥生時代の模型も作りたくなってきますね奥さん!

 その後、レセプションはセレブ過ぎて早々に退散。そして、夜は秘密の女子会に。その様子は・・・つづ、かない。

余 談
 この針を納品した後、たまたま鞣したニホンジカの革に骨針を刺す機会を得たのですが、これが硬くて硬くて、穴が開かないとは言わないものの、「縫う」という行為には相当の労力が必要な感じでした。鞣し方やタイミングにもよると思いますので、また機会をとらえてチャレンジしてみたいです。
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示