iPadは好き。だが、 アップルに届け、私の叫び。

 iPad Proを購入しておよそ4か月。もう最高ですよ。私が購入したのは、10.5インチ、64GBでWi-Fiのみのモデルですが、自宅も職場もWi-Fiあるし、必要な時はiPhoneでテザリング出来るし、各種クラウドサービスの充実で容量不足も今のところ気になりません。

 原稿の作製、調べもの、読書、アイデアスケッチ、PDF書類の校正、プレゼンと、大活躍してくれています。


 中でも一番買ってよかったと感じるのは、いつでもどこでも原稿を書けること。これはとても有益。そして色々試してみて、私の最も多用する使用スタイルは、iPadは縦にして、ソフトウェアキーボードをApple Pencilで連打して文字入力するというもの(これを以下「ペン1本打法」と呼ぶ)。もう下手に両手を使うよりも、断然速いし正確なんですよ。しかもこの方法だと、本当に机の上だろうがソファーの上だろうが、ベットで転がりながらだろうが文字入力出来ます。

 現在、原稿書きに使用しているアプリケーションは、アップル純正のワープロソフトであるPages。機能的にも必要十分で、画面もシンプルで好きですよ(もっとも、より複雑なレイアウトや段組みで含めると、Mac上のegword Universal 2に勝るものはないんですけどね。復活万歳!)。

 もちろんiCloudによって、各Macとも常に同期し、いついかなる時間の隙間でも作業が出来るという、すばらしい環境なわけです。


201804080956364a4.jpeg 


 しかしここに来て、思わぬ障害が発生。先日のPagesのアップデートにより、Apple Pencilによる手書きの描写ツールが使えるようになりましたが、その代わり、Apple Pencilでの画面のスクロールやカーソルの移動が出来なくなってしまいました。ペン1本打法を用いる私にとって、これは致命的。つまりApple Pencilをポインティングデバイスとして利用したいのに、それを奪われたかたちに。カーソルを動こそうとApple Pencilで画面をタップしても無反応、あれ?と思いもう一度タップすると、描写ツールが起動し何かを書き込んでしまうのです。スクロールやカーソル移動は、ペンを持つ手をほどいて、指でせよと。


これはかなりのストレス!


 ちなみに、iOS版のWordでも同じような機能がありますが、こちらは設定によりツール起動を無効にすることができます。うーん乗り換えるか、としばらく試してみましたが、やっぱり改ページや図を挿入した時の挙動が意味不明。昔から、何故なんだろう、Word…。

 というわけで、やっぱりPagesを使うつもりですが、次の小さなバージョンアップで、この設定のONとOFFの使い分けを加えてもらえなうでしょうかね。このまでは世界35億に及ぶ「ペン1本打法」愛好家の諸氏が泣きますぜ、アップルさんよぉ!そうでしょう奥さん!


え、キーボード買えって?

関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示