「中央大学考古学研究室 公開研究会」のお知らせ

近頃本を出された、小林謙一さんからの情報です。
ご活躍の皆さんですね。興味深い内容です。

中央大学考古学研究室 公開研究会
大学院学術シンポジウム 
『文化の始まりを探る 土器の始まり・文字の始まり』
日 時  2017年12月16日(土)9時50分~16時50分
場 所  中央大学多摩キャンパス3号棟3552教室(入場無料・申し込み不要)
発表1 及川穣氏(島根大学准教授)
「東アジアにおける石鏃文化の始まりと展開」10:00-11:00 
発表2 福田正宏氏(九州大学准教授)
「北東アジアにおける土器の出現と新石器時代の環境適応」11:00-12:00
発表3 國木田大氏(東京大学助教)
「北東アジアにおける土器の出現と食性復元」13:00-13:30
発表4 下釜和也氏(古代オリエント博物館研究員)
「西アジアにおける土器・農耕の始まり」13:30-14:00
コメント 小林謙一氏(中央大学教授)
「日本列島における土器の出現」14:00-14:30
発表5 佐々木憲一氏(明治大学教授)
「日本古墳時代における文字の利用」14:40-15:40
コメント 唐橋文氏(中央大学教授)
「西アジアにおける文字の利用」15:40-16:10
    質疑・討論 16:20-16:50
    まとめ・挨拶 16:50 終了(中央大学にて懇親会予定)

人文研講演会・小林科研成果報告会
『炭素14年代測定による縄文文化の枠組みの再構築-環境変動と文化変化の実年代体系化』
日 時  2017年12月17日(日)10時~15時40分
場 所  中央大学多摩キャンパス3号棟3552教室 (入場無料・申し込み不要)
    建石徹氏(文化庁)
「縄紋時代草創期・早期の黒曜石産地」10:00-10:40 
    河西学氏(帝京大)
「縄紋時代草創期・早期の土器胎土」10:40-11:20
    遠部慎氏(久万高原町)
「縄紋文化における岩陰居住の再評価」11:20-12:00
    坂本稔氏(国立歴史民俗博物館)
「土器付着炭化物の炭素14年代と安定同位体分析」13:00-13:40
    小林謙一氏(中央大学)
「実年代による縄紋文化の再編成」13:40-14:20
    工藤雄一郎氏(国立歴史民俗博物館)
「日本列島における漆文化の起源について」14:20-15:00
    休憩・質疑・討論 15:00-15:40 終了予定

※事前のお申し込みは不要です。直接会場へお越しください
 問い合わせ  小林謙一 kobayashikenichi22@gmail.com
中央大考古学研究室HP  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~atamadai/

関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示