私も出ます? シンポジウム『縄文早期における資源利用と社会』のお知らせ

例によって、明治大学のAB先生からのお知らせです。

黒耀石研究センター・資源利用史研究クラスター共催シンポジウム 
国史跡が拓く縄文の世界Ⅱ『縄文早期における資源利用と社会』
 テーマ「海と山の1万年~縄文早期の生業と社会~」 
 期日:2017年10月29日(日)9:30受付開始 10:00開演 17:00終了 
場所:明治大学駿河台キャンパス・グローバルフロント1F グローバルホール 
参加方法:先着順100名(事前の受付予約はしません) 
参加費:無料、無償配布資料あり。一般参加も歓迎します。 
問合せ先:明治大学資源利用史研究クラスター  電話03-3296-1873 
●記念講演「晩氷期と完新世初頭の間:オーストリア・チロル地方とその周辺地域の景観と考古学」  D.シェーファー(オーストリア・インスブルック大学教授) 
●発表1「縄文早期の生業と社会をどう考えるか」阿部芳郎(明治大学黒耀石研究センター長)
●発表2「長野県栃原岩陰遺跡の調査」藤森英二(北相木村教育委員会) 
●発表3「千葉県取掛西貝塚の調査」 石坂雅樹(船橋市教育委員会) 
●発表4「動物遺体からみた海と山の生業」樋泉岳二(明治大学黒耀石研究センター員)利渉幾多郎(名古屋市立向陽高等学校) 
●発表5「植物遺体からみた海と山の生業」佐々木由香(明治大学黒耀石研究センター員) 
●発表6「安定同位体を用いた古食性の特質」米田 穣(明治大学黒耀石研究センター員)

ポスター

皆様ぜひ・・・今、その発表要旨の原稿を・・・ゲフン・・・
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示