07 MOUNT SHIELD LENSは、写らな楽しい!(長いよ)

 奥さん、写真撮ってますか!
 いや、どうもなんだかPENTAXというかRICOHにかんして、良くない噂が聞こえて来ましたね。その内容は書きませんが、私はPENTAXを愛していますし、これからも愛し続けます。もうここは、財布の紐を緩めることで応援します!
 となればやはり、フルサイズのデジタル一眼「K-1」を買うか。いや、流石にこれはちょっとお高いですね。
 では新型APS-Cサイズセンサー搭載の「KP」は?これも良さそうですよ!でも愛機の「K200D」だってまだまだ元気だし…。
 そうだ、レンズだレンズ!憧れの「smc PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited」とかいくか!いっそついでに、RICOHの「GRII」とか、これもいいじゃないか!あぁでもこれ、iPad Pro余裕で買えちゃいますよね…。

 いやいやいやいや、この態度がいかんのだ。買うんだ、買うことで応援するんだ。全世界のPENTAXを愛する人々のため、許せ妻よ!

 というわけにはなかなかいきませんが、私はこれらもPENTAXを応援します!ちなみに、PENTAX好きな人のことを「ペンタキシアン」と言うそうですが、普通にペンタックスファンとかでいいじゃんね(笑)
 とにかく、今日は応援も兼ねて、書く書く詐欺の一つとなっていた、PENTAX Qマウントの面白レンズ「 07 MOUNT SHIELD LENS 」の紹介です。
 
IMG_0237.jpg
 どうです、まるでカバーみたいですが、歴としたレンズですよこれ。同じく私の愛するレンズ「01 STANDARD PRIME」も充分コンパクトですが、これはもう別次元(笑)。
 で、肝心の写りの方は、もうなんて言うんでしょう、PENTAX開発陣の意地と申しましょうか、なにせピントは固定で、F値は9.0(暗い)、周辺はもう流れまくって何が写ってるのか分からないレベルの収差。素敵過ぎるじゃないですか奥さん!


 なお、なぜかこのレンズだと正方形の画角で撮ることが多いです。理由はわかりません。さらにどうせまともに写らないので(笑)、カメラの設定にある「銀残し」や「Auto110モード」という彩度を落としたような仕上げをよく使います。ていうか、「Auto110モード」がほぼ私的ディフォルト。
 では早速、撮り溜めた内の何枚かを。

IMGP4320.jpg
被写体との距離によって(大体80cm〜100cmくらいかな?)、このように、キレイに写ってしまうこともあります。でも、四隅は流れます。

IMGP4389.jpg
雨が似合います。

IMGP4398.jpg

IMGP4415.jpg

IMGP4431.jpg
遠景は、どこにもピントが合いません。

IMGP4511.jpg

IMGP4533.jpg
色が欲しい時は、普通の仕上がりで。

IMGP4567.jpg
今にも降ってきそうな、そんな感じが出てませんか?

IMGP4703.jpg
自分的にお気に入りです。

IMGP4732.jpg

IMGP4742_201704132231501fe.jpg

IMGP4777_20170413223152831.jpg
犬も、ほわっと。

IMGP4893.jpg
これなんか、いい具合にボケてくれました。

IMGP4904.jpg
秋が妙に似合いませんか?

IMGP4915.jpg

IMGP4949.jpg
街を撮っても、以外とサマになる?

IMGP5236.jpg
物撮り?も工夫次第では。

IMGP5283.jpg

IMGP5298.jpg

IMGP5474_20170413223535f2c.jpg

IMGP5503.jpg
またなんだか、こういう物を撮りたくなるんですよね。

IMGP5586.jpg

IMGP5622_20170413223539923.jpg

 いかがでしょうか?同じカメラでも、例えば「01 STANDARD PRIME」なんかを使った方が絶対にクリアに写るしボケもコントロール出来るんですが、なんだかいい雰囲気に思うんですよねぇ。丁度目を患っていた時期でもあったので、「人間のものの見方って、こんなもんかな?」という思いもあったのかもしれません。
 購入したのが昨年の9月でしたので、これから春を撮るのも楽しみです。

 さて、PENTAX応援企画第2弾の次回は、2008年に購入以来、未だ現役の愛機「K200D」を褒め讃えたいと思います(いや、良い子のみんなは、新しいの買って応援しようね!)
関連記事

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示