シンポジウム「土器を掘る-土器研究と圧痕法のいま、そして未来」のお知らせ  

シンポジウムのお知らせ
 「土器を掘る-土器研究と圧痕法のいま、そして未来」


AB先生より、拡散希望とのこと。
果たしてこのブログにその効果があるのかどうかは疑問ですが、出来れば私も行きたい!

土器を掘る-B

期日 2016年12月18日(日)
時間 9:00~17:00(受付開始:8:20)
場所 明治大学グローバルホール(グローバルフロント1階)(東京都千代田区)
定員 100名(当日先着順)
入場 無料
スケジュールと演題パネリスト
09:00 開場
09:30-09:40 趣旨説明 小畑弘己
09:40-10:40 講 演 阿部芳郎(明治大学)縄文土器研究の最前線
10:40-11:20 櫛原功一(帝京大学) 土器作りの場を考える
11:20-12:00 真邉 彩((公財)鹿児島県埋蔵文化財調査センター)圧痕からみた南西諸島-タネ、ムシ、葉っぱ-
12:00-13:00 昼食
13:00-13:40 佐々木由香(パレオ・ラボ)関東地方における縄文時代種実圧痕の時期別傾向と植物種
13:40-14:20 宮地聡一郎(福岡県教育庁) 穀物栽培開始時期の上限をめぐる諸問題 
14:20-14:30 休憩
14:30-15:10 中沢道彦(長野県考古学会員) 浮線文土器群の製作復元に向けて
15:10-15:50 小畑弘己(熊本大学) 考古昆虫学と土器からみた家屋害虫
16:00-17:00 パネルディスカッション
●主催:熊本大学小畑弘己研究室・明治大学黒耀曜石研究センター・日本先史文化研究所
●会場へは、JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分、東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分、都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分です。
●お問い合わせ:〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-40-1 熊本大学文学部 小畑弘己研究室 (096)342-2423
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示