木登り恐竜なのか?


 私が勝手に(誠に勝手ですが)、恐竜造形の師と仰ぐ荒木一成氏が、現在羽毛恐竜を造っておいでです。それも木に登っている姿で、実に魅力的です。
 そのせいもあってか、今更ながら、ディノニクス(など)も樹上性であったという説に心が揺らいでいます。
 個人的には後脚第二指のあの巨大な爪、昔から武器とは思えないんですよね。もちろん必要に応じて武器にもなったとは思いますが。
 うーん、困りました。自分的に決心がつくまで、しばらくディノニクスはお休みで、そうですねぇ、トラかジャコウウシをつくりたいですねぇ。
 これぞ、困った時の現生生物へのエスケープ!
 あ、フクロウは、やはり羽毛がネックで・・・
 
関連記事

Comment

No title

そんな事気にしてたら、恐竜なんて完成しませんよ~。
デイノニクスはさっさと完成させて、次で樹上性版を
造っては?
バンピラプトルだと、骨格もありますし
より小型で樹上性が似合うと思いますけど。

No title

木に羊がたわわになっている写真を見た事があるのでディノニクスだって木にのぼる事くらい出来たとは思いますが、生活の大半を過ごすには少し大きすぎるような気がします。(根拠なし)
ディノニクスはこの形で完成させた方が良いのでは?
ふらぎさんの意見に一票入れさせてもらいます。
(とか言いながら、肉食の系譜さんのアウカサウルスを拝見しながら、またまた
カルノタウルスの手について悩んでいる自分が入るのでした♪手首だけ2種類作ろうかな、、)

No title

ふらぎ様
おっしゃる通りですね。やはり完成させることは大切です。樹上性恐竜は別の機会に挑戦してみます。

umr様
恐竜はじめ化石動物は、やはり謎の部分が多いですが、きっとだからこそ楽しめるのでしょうね。お互い悩んで作っていきましょう。

お二人ともコメントありがとうございました。トラにもジャコウウシにも浮気せず、完成を目指します!
でもヒョウアザラシも気になる・・・
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示