土偶、一旦終わる

 二日間の土偶の旅、無事終了しました。今朝の雪にはちょっとびっくりしましたけどね。

 今回お世話になったのは、塩尻市の平出博物館、山梨県では釈迦堂遺跡博物館と山梨県立考古博物館。どこも丁寧に対応して下さり、感謝の念に堪えません。それぞれお忙しい中、本当にありがとうございました。

IMGP4060.jpg
 写真は、分析をお願いしたパリノ・サーヴェイ株式会社による作業風景。こんな風にして、土器や土偶の胎土に含まれる岩石・鉱物を特定していきます。
 そして、肝心のその結果は・・・まだ秘密。今回の成果をどう活かすべきか、さらに無い知恵を絞っていきたいと思います。
 
 ただ、奥さん、これだけは言わせて下さい。
  縄文人、土偶、もっとちゃんと作れ!


 さて、これでいよいよ、明日からは諸磯との闘いと思いきや、い、家にいないのか!?

関連記事

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示