貝塚、風、人間

 12月13日、既にお伝えしたように愛知県豊橋市の文化財大学「豊橋の縄文時代」の講師を勤めました。ネタは、栃原岩陰遺跡。山国の暮らしを感じて頂けたでしょうか。まぁ話の出来は分かりませんが、その晩は忘年会にも混ぜて頂いて、楽しい時間を過ごしました。なんだかこのブログやTwitterを見て下さっている方もいて、Kさん、もっと犬猫のこと話したかったですねぇ…い、いや、縄文草創期についてもね(笑)。

 また翌日は、豊橋市教育委員会の村上昇学芸員のご好意で、豊橋市を含め、近隣市町村の貝塚を案内して頂きました。いや改めて、この渥美半島付近には貝塚はたくさんあるし、人骨ももの凄い数出ているんですね。貝製品も興味深いものが多く、またゆっくりと訪ねたいと思います。もちろん、釣り竿も持って。

IMGP0434.jpg
某所の貝塚…貝だらけ!


IMGP0428.jpg
 こちらは田原市の吉胡貝塚。縄文時代後晩期、眼下は海だったようです。そして、凄い風。村上氏曰く「今日はまだいい方で、この辺りは風が強いんです」とのこと。いや、この日も結構強風だったのですが…。やはり現地でないと分からないことは多いですね。
 ここの資料館と史跡公園は、とても素敵な空間でした。


IMGP0431.jpg
 そして、ここで印象深かったのが、貝塚出土の幼児人骨。なんでも生まれたばかりの幼犬と一緒に埋葬されていたそうです。

 一体、どんなドラマがあったのでしょう。

  たまたま時を同じくして旅立った命だったのか。
  子どものための生贄だったのか。
  向こうの世界で狩りが出来るように? 道に迷わないように? 淋しくないように?

 きちんと報告に当たらずに思いつくままを書きましたが、数千年の間守られてきたその祈りに、人の心の深淵を見た気がしました。
 人間は、本来愛すべき存在です。

 なんてことを思いながら、実は久々に会う女性とお茶したりしてましたけどね!


(改めて、豊橋市の方々、村上昇さん、ありがとうございました)


 
関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示