犬神

 最近、知り合いのワンコの訃報に接しました。こちらで一緒に遊んだこともある子でした。どうか、どこかで家族と再会できますように。

 これは、わが家の愛娘です。
IMG_5138.jpg
 親ばかでしょうか、神々しいとさえ思ってしまいます。人間よりもずっと短い寿命しか与えられていない彼ら。順当にいけば、私たちはこの娘の最期を看取ることになります。でももし、彼らがどこかで待ってくれているとしたら、老いをむかえるのも悪くない、かもね。
関連記事

Comment

No title

はい、それを人は親ばかと言います。
でも僕も「らび」のことをこいつはホントは犬の姿をした何か「尊い者」なのではないかと言う変な気持ちを抱くことがありました。もう居なくなって7年です。
寝る前に「僕がぼけたりしたらたら、早めにつれにきてね」と語りかけたりします。

No title

お恥ずかしい、未だにキータッチミスが多くて・・たらたら・・すみませんです。

No title

やっぱり親ばか?(笑)

でも本当に、なんでこんな天使みたいなのが来てくれたんだろうと思いますよね。
私も30年前のワンコに話かけることあります。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示