ポーズ変更・・・ディニノニクスその3


 気合いの入っていない写真ですみません。
 umrさんのご指摘を受け、尻尾を少し長くしました。
 ついでに背中のラインを修正し、ポーズも変更。少し動きをつけてみました。
 しかし今更ながら、ふらぎさんがそうしたように、毛繕い出来そうにない尾羽が正解かどうか不安に・・・
 でも動物って、びっくりするほど変なポーズとるので、もしかしたら出来たかも知れないと自分に言い聞かせ、このまま行こうと思います。
関連記事

Comment

No title

どうやって伸びるのかと思ってましたがそこが伸びるのですね♪
私がやったら再起不能になる所です、流石!
私の個人的感覚で恐縮ですが、凄く自然になった気がします。

>毛繕い出来そうにない
尻尾を水につけて洗ってたら水棲棲爬虫類に食われちゃいそうだし!でも、他の羽毛恐竜達なんか尻尾の付け根まででさえ毛繕い出来そうにない体型のやつもいますから♪

No title

随分変わりましたね。
こっちのほうが自然な感じがしますし、構図も良いです。

シッポの羽毛は、痕跡のある化石も出てますし
今は羽毛アリのほうが一般的だと思います。
ただ、デイノニクスのように腱でガチガチのシッポに
羽毛ってなんか納得いかないんですが、、、。
あと、羽毛、特に今回のA.E.Gさんのように
羽根表現にすると、造るのが面倒なんです(笑)。

No title

お二人に「自然」と言っていただけて、大変光栄です。
というか、ほっとしました。

確かにあの腱のある尻尾、どんな意味をもっていたのか?
生物進化の道筋を考えながら作るのが密かな楽しみですが、
今回は自分の中でも明確な考えはまとまっていません。
それでも作らずにはいられない魅力を、沢山の生物に抱いています。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示