土偶の研究をします宣言

 先日、日帰りでしたが、思い出の街、東京は御茶ノ水へ。
IMG_4435.jpg

 母校明治大学の「2014年度大久保忠和考古学振興基金研究奨励金」の授与式に臨みました。私個人としては、2009年の「蛇体装飾把手土器の研究」に続き2回目の採択を頂いたことになります。
 今回は「胎土中の鉱物分析を利用した中部高地の縄文中期における土偶の研究」というテーマ。いくつか運用上(研究上)の注意点も頂きましたが、晴れて正式に決まった以上、励みたいと思います。
 
 授与式では、懐かしい友人や大久保さんのご両親にもお会い出来、楽しいひと時を過ごしました。その後は、お世話になったI先生と2人でお茶したり、同大学のF先生やお弟子さん達とお茶したり…いや、夏のイベントの打ち合わせをしました。おぉ、仕事もしたじゃないか。

 なお、基金の名称にある大久保忠和氏は、私にとって大学の5つ上の先輩にあたります。公私ともに、とてもお世話になった方でした。発掘も沢山したし、スキーにもキャンプにも行きましたねぇ。釣りは下手でしたよねぇ、5分待てませんでしたもんね(笑)。 その大久保さんが亡くなって、もう20年。奨励金もこれが最後ということです。

 さて、これからしばらくは消防星人との戦いが続きます。仕事についても、正直しんどいものが目白押しです。実際問題、考古学に携わる時間がもっともっと欲しいところですが、愚痴を言っても始まりません(言うけど)。
 へたばりそうな時は、「見てろよ、コンチキショー!こう見えても俺は研究者の端くれだ!」と、心の奥底で叫んで、ちょっと無理してでも頑張ります。だから大久保さん、化けて出ないで下さいね。

 というわけで、次の週末も、行くぜ東京!(みんな、遊んでね)


【オマケ】
帰りは新幹線の新型車両E7系に乗れたので嬉しかったです。
IMG_4441.jpg
おしまい。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

素敵な研究者さん。

土偶、がんばってくださいね。

No title

す、素敵♡?
土偶より素敵?
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示