3年

3年前のあの日、ストレス性の病気で、眼科の病院にいた。突然の異様な揺れと、待合室のテレビに映し出された津波の映像に、ただ驚いた。
目の検査で運転が出来ない私を、職場から生徒達を帰宅させた妻が、犬と猫を乗せ車で迎えに来てくれた。

何も出来なかった。やったのは、次の日から予定されていた博物館での作業を中止にしたことくらいだ。参加予定者の中には、実家が福島県の学生もいた。

3年経った。


復興とは?
終わりを知らない原発事故は?
私の出来ることは?
すべきことは?

未だに、言葉にすら出来ない。




関連記事

Comment

非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示