未曾有の大雪

 すでにニュース等でご存知でしょうが、先週の金曜日から、関東甲信越は大変な大雪に見舞われました。私の住む長野県東部の小海町も例外ではありません。この辺りは標高が高く、普段から寒いことは寒いのですが、雪はそれほど多くない地域です。雪国の方々には申し訳ないのですが、50cmでも積れば「大雪」なのです。

IMG_4117.jpg

 それが今回は、一昼夜で100cmを超える積雪でしたから、本当に、当地方では未曾有の大雪でした。わが家も雪に閉ざされ、丸一日以上全く動きがとれませんでした。様々な不安が胸を過りました。

IMG_4120.jpg
 しかし、別荘地帯の管理者が機械で道の除雪をしてくれたおかげで、なんとか普通の生活を送ることが出来ています。感謝感謝です。
 何日間も車に閉じ込められた方や、まだまだ孤立状態の不安に怯える方々を思えば、家屋が傾いた方や、大切な財産を失った方々を思えば、むしろ幸せなくらいです。

 こんな時、私は思うのです。
 3.11の被災者の方々は、あの時そして今も、どんな不安や苦しみを背負っているのか。あるいは、誰かが勝手にはじめた戦争のおかげで、突然全てを失った人々は何を思って消えていったのか…。

IMG_4123.jpg
 まだまだ道路は狭くて凸凹だし、物流のストップも心配ではありますが、私なんかが弱音を吐いてはいけませんね。ともに、乗り切りましょう。
関連記事

Comment

No title

大雪お見舞い申し上げます。
一晩で100cmとは!北国の私の地方でも
私の記憶のかぎりでは、ないと思います。
自然の猛威には、ただじっと通り過ぎるのを待つしかないです
ものね。

こちらも例年なら雪まつりが終われば春遠からじというかんじですが
この冬はまだまだ本気の冬が居座ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Asa様 ありがとうございます。
今回は驚きでした。100歳近いおじいちゃんも、こんなのは初めてだって…。
まだまだ大変な地域もあります。お互い寒さに負けず、頑張りましょう!
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示