レムールサーカスに参加して(私的な想い)

 10月22日から27日、東京谷中のギャラリーTENにて開催された「レムールサーカス」。私も「作家」の一人として、参加させて頂きました。

 会場の様子や他の作家さんの作品についても書きたいのですが、とりあえずは、私の「作品」を。

IMGP0535.jpg
作品名「マダガスカルの樹にて」

IMGP0500.jpg
現生で最大の原猿類、インドリ。作品(サル本体)の大きさは7cmほど。

IMGP0526.jpg
比較的メジャーなワオキツネザルとベローシファカ(親子)。尻尾まで含め約10cm前後。

IMGP0528.jpg
地上のワオキツネザルとベローシファカ。なお、サル本体は石粉粘土のファンドで作っていますが、詳しいデータは、いずれ私のホームページに掲載予定です。

 さて、お気づきでしょうか。あえて偉そうに「作家」「作品」と書きました。

 今回の出展の経緯や作品展全体の中での私の立ち位置については、主催の守亜さんが書いて下さっています。まさにプロの作家である守亜さんの中で、私と私の作品をこんな風に捉えてもらっていたのかと思うと、本当に感無量でした。
 
 と同時に、このような創作活動について、これまで「単なる趣味ですから」とか、「アマチュアの遊びです」などと自嘲気味に人に語っていたのも、もうやめようかと。
 もちろん確かに、私の活動はアマチュアのそれです。お金を頂くプロではありません。でも、プロではなくとも素人ではない、いやあってはならないと、守亜さんはじめお越し下さった皆さんの言葉から、そう思いました。
 自分の下手さや修行不足は謙虚に認めつつも、「アマチュアですが素人ではありません」と言おうかと思います。そうでなければ、今後もしまた皆さんの目に触れる機会を持てた時に、それは単なる逃げ口上になってしまう、と思ったわけです。

・・・いや、すみません。流石にちょっと偉そうですね。やっぱり、
「アマチュアですが、それなりの経験は積んでます」くらいかな?
いや、まだ偉そうだ。
「アマチュアですし、玄人ととまでは言えません」とか、
「趣味の延長で、まぁそれなりに…」とか、
「いやぁ、ちょっとした趣味でして…」とか、

あれ?


(えぇ実は、上記の「アマチュアだけど素人では・・・」という表現、白状します、ほぼパクリです。おじいちゃん、ごめんなさい)
関連記事

Comment

レムールサーカス、とても良かったです。A.E.Gさんの造形も初めて拝見して、感動しました。

素人かどうかは気持ちの問題なのかなぁと思います。私も素人本を出していますが、定価つけて本屋さんに並ぶ以上、素人といったら失礼な気もしていて。でも、報酬ないからプロって気もしませんが。

自分のやることに責任持ってやってます!というわけではないでしょうが、あのような素敵なワールドを作れるんですから、プロ的な⁈人ですよね。

No title

ご覧頂き、ありがとうございました。

まぁプロとアマチュアの定義を言い出すと、またそれはそれで難しいですよね。
「責任」まではいきませんが、「覚悟」は持とうかな、と。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示