怒濤の4日間! 土器だのキツネザルだの

 ようやく嵐もおさまってきました。前述の通り、ツアーが中止でのんびりの一日。さて、先週末からの「怒濤の4日間」のレポートです。 

【前半・学会編】
 19日土曜日。日本考古学協会長野大会のため長野市へ。長野県で行われるのは45年ぶりとのこと。
 午前中の会場準備のあと、初日の公開講演会は、大塚初重先生の大室古墳の話と、桐原健先生の縄文農耕の話を拝聴。これだけでも来た甲斐がありました。お二人ともなんて話が上手で確かなんでしょうか。

IMG_3516.jpg
↑個人的に色々な想いが駆け巡り、途中何度か込み上げてくるものが…

 夜は、楽しい宴に。ただ、ノンアルコールのはずの梅酒には参りました。ふらふらとホテルに戻ったものの、12時を過ぎてしまった…。
 さて、2日目は自分も発表です。分科会「長野県における縄文時代中期土器の編年と動態」にて、長野県東部の土器の変遷について話させて頂きました。

IMG_3523.jpg
↑珍しくスーツで!でも某ツツミ博士には「なんだ、スーツもってんじゃん」と…

 さて、土器の編年そのものズバリは、王道ですがやはり難しい。午後の討論でも、多くの鋭いご意見を頂戴しました。課題を与えられたと思い、また精進したいと思います。
 大会自体は、2日間で850名程の参加だったそうです。雨の中、関係者の方々、大変お疲れさまでした。
 そして会の終了後、私は車を飛ばし自宅へ。そのまま次の作業に入ります…。


【後半・展示編】
 翌21日の朝。この日は東京に向かうのですが、あれ?まだ完成していない。この日の午後納品するはずの、インドリ、まだ完成していない!まぁそこは慌てず騒がず、心を鎮めて色を塗っていきます。10時頃、ようやく完成!作品を梱包し、身支度を整えて、妻の作ったカレーうどんをかき込んで、またまた行ってきます!

IMGP0458.jpg
↑出来立てのホヤホヤ(笑)

 そうです、この日は、ここでも再三お伝えしてきた「レムールサーカス」の搬入日。上野駅で新幹線を降り、歩いて谷中のギャラリーへ。そうそう、少し前に妻とぶらり散歩した辺りですね。

IMG_3532.jpg
↑向かう途中で、不忍池とスカイツリー

 それはともかく、会場にはまだマスタル守亜氏と私だけでしたので、とりあえず組み立てて、あとは他の皆さんの作品等々でどんな空間になるのかを楽しみにしつ、次の目的地に向かいました。

 電車を乗り継ぎ、向かったのは阿佐ヶ谷。ここは昔、同級生の女子…以下略。
 さて、ここでの目的は3つ。
 1つは、私も強引に作品を置いてもらった「縄文の未来展」の見学。確かにこれまでの「土偶の展示」とは全く異なる内容です。しかし、現代の土偶たち、いいじゃないですか、縄文の未来じゃないですか。このまま古い慣習にこだわらず、かといって時代に媚びず、新しい縄文像を作って欲しいと思いました。ただ済みません、写真一つも撮ってない、トホホ…。

IMGP0491.jpg
↑頂いた土偶クッキー。美味いし

 最終日のお忙しい中、お相手をして頂いた小林千幌さん、ありがとうございました。

 さて次は、犬猫つながりでお知り合いになったAsaさんの個展を見学に。偶然にも、先ほどの土偶と会場がすぐ側だったんです。
 こちらは住宅地のなかの静かで落ち着いた一角のギャラリー。お昼寝したい空間。そこでAsaさんにお会い出来、最終日の最後の時間にもかかわらず、色々とお話もさせて頂きました。
 Asaさんの作品は、シンプルな面の中から暖かみが出ているというか、優しいんですよね、全てが。そして、購入させて頂きました。クルミの木で出来た「待つ犬」。ちょっと、わが家の妹犬ブランカに似ていませんか?

IMGP0488.jpg
↑ワタチに似てる?

ちなみに、木の香りなのかどうか、犬猫に大人気。かじられないようにしないと↓
IMGP0481.jpg
IMGP0482.jpg
IMGP0486.jpg

 さて、3つ目の目的、実はこの間、なんと某女子(カワイコちゃん)とお忍びで二人で行動したのです(自慢)。初めてお会いするも、Twitter等でお互い猫変態ぶりがばれているので問題無し。
 この日はこれで実家泊。姪っ子と遊んで、なぜかベランダの修理(笑)。

 そして、4日目は、某所で某女子とお茶したあと(自慢)、いよいよレムールサーカスの会場へ。オープンちょっと後の時間に着きましたが、じぇじぇ!なんだこの人だかりは!?しかも、女性客多し!なかなか中に入れない、仔犬のような私…。声をかけてくれたのは、以前横浜でも私を目撃していたというもりかめさんでした。ありがとうございます。でも残念なイケメン?でごめんなさい(笑)。

IMGP0478.jpg
↑私のサルたち、会場では、こんな感じです

 さて、このサーカスに関しては、また後々ゆっくり書こうかと。出会った方も多いし、素敵な作品も…。そうそれに、明日の最終日にも顔を出す予定ですしね。
 そして、流石に疲れでふらふらでしたが、会場に来てくれた某女史(美人、秘書の経験あり!)とお話しつつ(自慢)、そして後ろ髪を引かれつつ、帰路へ。こうして、嵐のような4日間は、無事終了したのでした。


【オ チ】
 翌朝、半分寝ながら犬達にご飯をあげ、仕事の支度をしていると、妻が「あなた、のんびりしてるけど、今日宿直でしょ」と。ぎゃー忘れてた!着替えとか食料とか、急げぇ!

 まぁ本当に、多くの皆さんにお会い出来て、楽しい4日間でした。しばらくは、ちょっとのんびりね。
関連記事

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

合間合間に女子がいるのね(笑)

No title

今回ねぇ、どうしたんでしょうか?
いつもは遊んでくれるの姪っ子だけなのにね(笑)

No title

わ、いいな、いいな、Asaさんの木彫り。君たち、かじっちゃだめよ。
弟がオルゴール買ったらしくて、私に送ってくるかなと思ったら、来ない!
きっと誰か女の子にあげたんだわ。

レムールサーカスも見たかったです。
A.E.Gさんのお猿さんたちほんとうに見いってしまいますね。
A.E.Gさんのスーツ姿もね。ふふ・・・

No title

犬はものすごく狙ってました。とくにナヌーク…
要注意です。

弟さん、健全じゃないですか(笑)。よかったよかった。

猿たちは昨日帰宅しました。また機会が出来たら嬉しいですね。
スーツ、確かに滅多に着ないですけどね(笑)。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示