シカの骨に、穴、開けました。

 奥さん、突然ですが、シカの骨に穴を空けてみました。

 私の勤める博物館には、栃原岩陰遺跡出土の骨角器が多数展示されていますが、その中に長さ約3〜5cmの縫い針があります(縄文時代早期、約10,000〜9,000年前)。
 縫い針というくらいですから、細いです。太さは2mm程しかなく、さらにそこにヒモを通す穴が開いているわけですから、見た方はびっくり、
「こんな小さな穴、どうやって開けたんですか?」となるわけです。
「いや、結構簡単に出来ますよ」と答えるのですが、なかなか実感して頂けませんよね。

 そこで、というわけでもないのですが、沢山の骨を加工する用事があったついでに、小さな穴を開けてみました。使ったのはシカの尺骨(上腕の骨)、道具は黒曜石で作った簡易ドリル(石錐)。これだけ。
 要するに黒曜石を加工して尖らせ、穴を開けたい部分に押し当てて、グリグリ回転するだけです。

 IMG_2919.jpg

 ほら、簡単でしょ奥さん。
 これで周りを削って(磨いて)いけば、細い針になるわけですよ。まぁ今回は別の目的があるので、そういうふうにはしませんけどね(笑)。
 
 あ、こういう記事はちゃんと博物館のブログに載せろって言いましたね?はい、一段落したら、ちゃんと書きますよ、奥さん。

 っていうか、こちらのイベントもお願いします!
 「縄文式釣針を使ったマス釣り体験」開催
 お待ちしております。
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

釣り行くわ。
あ、定員ありましたね。申し込まないとー。

No title

じぇじぇじぇじぇじぇ!((((;゚Д゚)))))))
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示