スキー板っていつの間に縮んだんですか?


 一つ原稿を終わらせ、ちょっと一息。連休中は石器の実測を気にしつつも、姉と姪が遊びに来て、久しぶりにスキーに行って参りました。
 最寄りのスキー場までは車で5分。近い。しかし休日はちゃんと混むんですね。少しバブルな気分。
 姪は初めてのスキー。ちょっと怖い思いもしましたが、ボーゲンで止まれるようになりました。立派立派。
 ところで私のスキー用具は十数年前にそろえたものですが、どうしたんですか、スキー板。いつの間にあんなに短くなったのですか?身長より長いスキーで滑ってる人が、自分以外周りにいないんですが?この数年の間に何が起こったんですか?
 スノーボーダーが多いのはともかく、バブルなスーツに身を固め、長ーい板を振り回し、自己流フォーム「ボーゲンプラス」で降りてくる様は、さぞカッコ悪かっただろうなぁ。
 
 写真は姪が作ったminiかまくら。家の周りにあったウサギの足跡が印象に残ったらしく、うさぎさん用だそうです。中には薪ストーブもあります。
関連記事

Comment

No title

 続けざまに02です。
 「身長プラス~cm」なんて言ってた時代が懐かしいです。そうです、今は身長よりも短いのが当たり前なのです。長くてくびれてなかった板よりも、今の板はコントロールが楽なのです。そういう僕は1m弱の長さの板に頼って、自己流のテクニックをごまかしてます。

No title

そうなんですか、コントロールしやすいんですか。私はまた車に積みやすいからかと思いました(笑)。それに板の先は丸いんですね。なんだか時代を感じました。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示