わが家のクリスマス


 今日はクリスマス・イブなんですね。キリスト教徒でもないのに、やっぱり未だにウキウキしてしまう日です。
 そんな日に、家で石器の実測をしていた自分を、少し偉いと思います。
 これから友人家族とわが家で小さなパーティーです。ということで、クリスマス気分のナヌークをご覧下さい。

 本人明らかに迷惑顔ですね。
 せめて今日くらいは、世界中で争いごとがありませんように。
関連記事

Comment

No title

 02です。
 毎回思うのですが、こうやってかぶり物や載せ物をされて写真を撮られるナヌ君、なんてお利口さんなのでしょう!おチビちゃんを受け入れるところといい、こうやって写真を撮られてるところといい、懐の深い子なんですね。

No title

お利口? いやいやいやいや、かぶり物は眠い時限定です(笑)。
まあ今でこそ多少落ち着きましたが、1歳になる頃までは、本当に破壊王で大変でしたよ。
今でもスイッチが入ると、チビのブランカと私は物陰に隠れます。

No title

なんともかわいらしいですね。
ちょっと、あきらめ系の顔が素敵です。
平和な世界であってほしいと思います。

No title

確かに、馬鹿な親とあきらめていると思います。

我々学芸員という人間が、どういう形で平和に貢献できるでのか?
なんてことを時々考えますが、少なくとも時の権力に利用されないように、とは思いますね。

No title

そうですね。911の衝撃を思い出しますし、忘れてはいけないと思っています。何ができるのか。いつも考えます。私の仕事はアートと社会の接点をつくっていくことだと思っていますし、アートは平和に貢献する力(考えたり、発見する力)を持っていると
信じています。もちろんアートだけではないですが。
時の権力。。。そうですよね。その時だけの小さな動きには無縁でなくてはいけないと思いますが。。。

No title

歴史の研究も、時には芸術さえも、政治のプロパガンダに利用されたことは過去に何度もありますからね。
手塚治虫の『ジャングル大帝』に、いがみ合う別の国の人たちが、クリスマスイブの夜、レオの歌う「きよしこの夜」で一時ですがひとつになるシーンがあります。
クリスマスはかくあれ。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示