アナタの知らないかも知れない世界・・・霧の迷路

 こんばんは。秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて、今夜は、私のところに寄せられた、ある人物(仮名:ウフル森藤さん・40歳・男性)からの投稿を紹介させて頂きます。ぜひ、映画『エクソシスト』のテーマをBGMにお読み下さい。ただし、よいこのみんなは、必ずおトイレを済ませてから、お読み下さい…。


 一ヶ月ほど前だったでしょうか。私は長野県内の某所で講演の講師を仰せつかりました。会場である博物館までは、我が家から車で一時間弱。山道とはいえ国道の一本道。慣れたと言っても過言ではない程、よく利用する道路です。昼間であれば、観光客も多く、格好のドライブコースでもあります。
 その日も、もちろんこの道を運転して会場に向かいました。講演では、これまで取り組んできた土器研究の成果を大勢の方に聴いて頂き、意気揚々な気分でした。そして、そこに勤める大学時代の後輩夫婦と夕食を共に。初めての店でしたが、メキシカンの洒落た内装と美味しい料理で、満たされた、楽しい時間を過ごしました。
 ただ、その後輩は翌朝も早いということで、夜8時には店を出て、彼の車に先導されながら、来るときも通った例の国道まで出ました。
 その別れ際、後輩が「大分怪しい雲が出ています。帰り道お気をつけて」と私を気遣ってくれましたが、慣れた道でもあり、私は「ありがとう、心配ないさ」と言って、ハンドルを家路に向けました。思えば、この時、私は彼の言葉を、もっと真剣に捉えておくべきだったのです…。

 後輩と別れたその場所からは、峠を越えつつ40分も行けば、そのまま我が家に着きます。私はなんの心配もなく車を進めました。するとしばらくして、後輩の言ったとおりに弱い雨が。野生のシカも多く出るところなので、ややスピードを緩め、つづら折りの山道を進みます。観光地を巡る道路ですが、この時間では、すれ違う車も、前後する車もゼロ。もちろん街灯などありません。そして、峠を越える頃には、濃い霧がかかってきました。標高は2000mを越えます。
 やがて霧は増々濃くなり、既にヘッドライトも役に立たない状態に。私は止まるようなスピードでハンドルを右に左に回します。
 しかし、行けども行けども、私の知っている目印が見えてこない。そろそろあの小屋が、いやスキー場が見えてもいい頃のはず…。私はふと、自分がどこか別の世界に迷い込んでしまったのではないか、もしかしたらここから永遠に出られないのではないか、そんなことを妄想しました。くだらない、今時B級のホラー映画にだって出てこない、ありきたりの設定だと笑いながら。

IMG_1350.jpg

 いやそれでも、どうもおかしいのです。もちろんこの濃い霧の中、たまたま目印が見えなかっただけとは思うのですが、私は何か不安な気持ちになってきました。おかしい、やはりおかしい。すでに感覚的には、家に着いていてもいい頃のはずなのに。妻やペットたちの待つ、暖かい我が家に!
 すると突然、霞む前方から、赤い光が。それは確実にこちらに近づいてきます。やがて静寂を突き破るけたたましいサイレンの音が!
 そうです、先を急ぐ一台の救急車が、すれ違って行ったのです。こんな山道で?今まで一台の車もすれ違っていないこの道で!? 私は、上の方でなに事故でもかあったのかと思いつつ、急に恐怖に取り付かれました。もしかしたら、事故を起こしたのはこの私で、私の意識だけが、この終わることの無い霧の中をさまよい続けているのでは!本当の私は、今頃、崖の下で…。
 ぞくっとした寒気が背筋を突き抜けます。違う、そんなはずは無い。で、でも、一向に家に着かないじゃないか!!
 私が恐怖に取り付かれて間もなく、これまでが嘘だったかのように、突然霧が晴れました。そして、そこに飛び込んで来た光景は…。

あれ、これって、別の道じゃん。もうすぐ、下の大きい国道じゃん。
そうでぇ〜す。実は途中で、見事に道を間違えていたのですよ、キャッ♡
え?最初に一本道って書いてあるって?はい、ホントはですね、途中一カ所だけ、あるんですよ、分かれ道が。だってぇ、別れ道っていうかぁ、普通に行けば、わが家方向には道なりなんですよ、みちなり〜。まぁちょっとした脚色ね、てへぺろ♡。
でも面白かったのが、次の日、後輩にこの話したら、「熊っすよ熊。熊に化かされたっすよ」と言われたんすよ。つうか、なんで熊?狐とかじゃなくて?超うけるんだけど。
じゃ、そういうことで!

 
 いかがでしたでしょうか。森藤さん(仮名)の恐怖体験。
 皆さんも、どうか霧の峠道には充分ご注意下さい。私たちの知らない何かが、人の心を狂わす何かが、潜んでいるかも知れません。そしてよいこのみんなは、今晩一人でおトイレに行けないかも知れません。
 それでは、またお会いしましょう。霧の出る夜に…。

 なぜ、熊…。
関連記事

Comment

No title

怖い思いをしましたね~。
霧、雨。怪奇現象にピッタリですね。
ご無事でよかったです。

私も、何かに化かされたのかな?って体験があります。
町の山沿いにある、樹齢数百年のタブの木に、人を案内しようとして、何度やっても見つからないんですよ。
山沿いの道で、一本道だし、何度も何度も行っているので、見逃すってことはあり得ないんですけど。
試しに山を降りて下から眺めたら、ちゃんとあるんですよ。不思議でしたねえ。
案内する人が良くない気でも持っていたんでしょうか?謎です。
木の妖精がやったのかな?(かわいすぎ)

熊…。

No title

長文読破、ありがとうございます。

タブの木ですか。不思議ですねぇ確かに。
でも、木の妖精はかわいすぎます。
熊っすよ熊。熊に化かされたっすよ、間違いなく。

(いかん、魔女にヒキガエルにされちゃう)

No title

ケロになっちゃえ(^^)

No title

ケロケーロ
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示