頭の形で悩む・・・エステメノスクスその4


 
 連続でエステメノスクスの進捗状況。頭部を作り始めました。前半部は大体分かってきたのですが、角より後の部位や下顎の構造がまだ理解出来ていません。
 どこかに無いかな、頭骨立体模型。タブリンさん、造りませんか?(笑)
関連記事

Comment

No title

エステノ・・・めのす・・・クス?
図鑑で見たことがあるこの不思議なお顔。
aegさんがどのように復元なさるのか、非常に興味を持って拝見致しておりまする!
この頬ので出っ張りはなんだったんでしょうね?
いちいち特徴に何らかの機能を求める必要はないのかもしれませんが、隣の仲間と頬ずりでもしてたんでしょうか、ずりずりって。
頭骨?資料がなさ過ぎです。
それにしてもけったいな生物ですね。
歯もごっついようですが、肉食・・・?
がんばってください!

No title

http://www.sizen.muse-tokai.jp/collect/2002/e_3f/estmncs.html

近くにある「東海大学自然史博物館」に頭骨のみですが展示されているようです。残念ながら行った事が無いので写真が有りません。展示も奥の方なので後頭部の写真は無理そうです、、
あと、足の角度はふらぎさんがおっしゃっている物意外の記述は見つけられませんでした。「体長3メートルで肩の部分の高さが1.6メートルあった」という物が有りましたが、これだけじゃ分かんないですねぇ。

No title

タブリン様 名指しでスミマセン。私も日ごろ、生物の身体的特徴について「必ずしも何らかの機能を考える必要は無い」と思うこともあるのですが、それにしても変ですよね。
それから植物食だと言われているようです。あのキバで。

umr様 情報ありがとうございます。結構資料はあるように思ったのですが、やってみると謎だらけ。また助けて下さいね。頼りにしております。

No title

ほう、植物食なんですかぁ…あの顔で。
顔でひとを、いや生物を判断してはいけませんね。
でも、犬歯というかすごいですよね。
まぁ、カバだってごつい歯をしてます。でも植物食だし。
(カバはなわばり意識が強いから、それで、アフリカでは人間が一番襲われるのはカバだって聞いたことがあります)
頭骨の前や横のいくつかネットでも見つかりますが、後面や下面はなかなか見つかりませんね。

No title

植物食、と言われていますが、異説もあるようです。まぁ少なくとも、大きな流れとしてはそういう方向に向かっていた系統のようですね。
カバは古代エジプトでも人々から恐れられていたとか。何故かこの生き物とダブりますね、イメージが。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示