恐竜王国2012 PRESSレポート!

 突然ですが当ブログ、最近のパターンとしてTwitterで先行しその後に記事としてアップということが多いですね。ですから既にご承知の方も多いかもしれませんが、昨日、幕張メッセで開催の「世界最大 恐竜王国2012」内覧会に行ってきました。
 内覧会? そうなんです、内覧会。つまり一般公開前にマスコミや関係者向けに行うお披露目会ですね。で、なんと私のホームページをご覧になった主催者側の方から、その招待を頂いていたのです。

 新幹線で東京駅へ。そして海浜幕張駅に向かう京葉線に乗り換え。途中、葛西臨海公園だの舞浜だのを通ると、昔の甘酸っぱい思い出が甦ってきますが、それはさておき、幕張は高校生以来かな。あの時もそう、恐竜を見に行ったんでしたっけ。私が初めてティラノサウルスの全身骨格を見たのは確かこの時。父親に借りた一眼レフカメラをさげて、きっと目がキラキラキラキラキラキラ、キラキラキラキラキラキラしていたんだろうなぁ。あ、しまった、また昔の話(笑)。

 さて内容ですが、中国で見つかった例の羽毛恐竜、ユティランヌスをメインに、大型ティラノサウルス類にも羽毛があったんではないかという考え方を採用しています。さらに恐竜類自体、かなり古い段階から羽毛があったとも。
IMGP8686.jpg
ケラトサウルス。こんな古いタイプの獣脚類にも羽毛!個人的に一押しの復元。

IMGP8712.jpg
さらに鳥脚類のプシッタコサウルスにも羽毛。ヒナ、可愛い。

 まさか生きているうちに、こいつらに毛を生やす展示が見れようとは。長生きはするものですなぁ。この他にも羽毛の生えた復元模型が多数ありますので、かなりインパクトありますよ。

 そして、やはり中国で発見された、大型のハドロサウルス類、フアシアオサウルスとズケンゴサウルス、本当に大きいです。これはびっくりです。やられました。
IMGP8729.jpg
写真はフアシアオサウルス。立ってるし!

 ただ私のような素人が見て、若干の疑問点(中国の展示では普通なのかもしれませんが、ちょっとポーズとか骨の関節がアレだったり、ティラノサウルス類の肩甲骨の位置がエー?だったり)については、私ももう大人ですからどうのこうの言いません。言いませんよ、言いましたが(笑)。きっとこの辺りは、監修の皆さんと展示上の制約との間にジレンマもあるのでしょうね(偉そうですが、私も分野は違えど、一応学芸員ですので)。

 それはともかく、見る機会があれば見た方が良いに決まってますよ。レプリカ化石も含めてですが、最近話題の各地の著名な恐竜が一度に見られますので、お得感もあります。もちろん、図録も素晴らしいです。
 特に個人的には、ティラノサウルス類の小型種を一度に見れたのが嬉しかったですね。写真ばんばん撮りました(ざっと230枚)。

IMGP8763.jpg
こいつはテラトフォネウスという小型のティラノサウルス類。初めて見ましたが、カッコイイ!

 
 

 しかし最大の謎は、この私が、プレス、つまりマスコミの方々と同じ扱いをして頂いたということ。なんか、本当によかったのでしょうかね?
IMGP8841.jpg


【お土産】
IMGP8843.jpg
 最近では珍しく、恐竜の本購入。
 右側は『サバイバルガイド 恐竜』(大日本絵画)。所謂「飛び出す絵本」ですが、洒落っ気が素敵。将来真似したい部分が沢山あります(笑)。
 左側は『世界恐竜発見史 恐竜像の変遷そして最前線』(ネコ・パブリッシング)という、言わばビジュアル版の学史(研究史)の本です。考古学もそうですが、学史を知ることは重要ですし、歳のせいか最新学説より興味深かったりして。
 中央は、おなじみ小田隆さんのイラストが付いたクリップ入れ。中身のクリップも恐竜。素敵ですね。


 さてと、あしたの勉強会の準備。しばらくは土器土器。
関連記事

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

Comment

No title

うーん。恐竜には羽毛があるほうが断然カワイイ(*^^*)

No title

ですね。もうウロコ恐竜には戻れない?
ちっちゃいの飼いたいですね。

No title

ちっちゃいの飼いたいです。
ワラワラワラ~って、足元にいたらかわいいだろうなあ。
大きくならないやつ、みつくろって下さい。

No title

まぁウズラなんかも、ある意味恐竜類ですから(笑)。
ワラワラとぜひ。

No title

内覧会にお呼ばれされるなんて、兄貴かっこええええええ(笑)

ところで単純な疑問なんですが、羽に生えるから羽毛っていうんじゃないのですか?
朝のラジオでもこの展示の宣伝してて羽毛っていってたもので、その時から疑問に思っておりました

No title

そうだ、かっこいいだろうぅぅぅぅぅ!

別に羽に生えているから羽毛ではないぞ。
鳥の場合は全身どこでも、たとえそれがポワポワだったりまっすぐな構造だったりしても羽毛。
爬虫類の鱗から進化したらしいっす。
今まで読んだ恐竜の本にも分かりやす解説や図があったけど、どこだったかなぁ。
非公開コメント

被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示