ナヌーク、淋しい?

 ブランカが居なくなって、一週間。悲しさは癒えません。
 でも本当は、一番淋しいのは、ナヌーク、お前かもね。

IMGP6587.jpg 
 
 ナヌークが2歳になる頃、当然家に来たブランカ。それ以来、ほぼ24時間365日、10年以上も一緒にいたんだもんね。淋しいよね…。
 ナヌーク、お前が楽しく暮らせるように、父と母も、笑顔で過ごすからね。

 さて、論文書くぞ!(今日こそは)

 

二年ぶり??・・・マンモスその4

 雨の休日。お散歩に行けないナヌークはしょんぼり。こんな日はそうだ、土偶の論文でも書こう。ところが、あれあれ、おかしいじゃないか。いつの間にか、机の上に、こんなものが…。

IMGP6574.jpg 
 
 実に久しぶりに、粘土遊びをしました。二年近く放置していた、マンモスです。肉付けはこれからですが、ポーズが決まったゾウ。ゾウだけに!
 考古学と両立出来るように、少しずつ楽しみたいと思います。


IMGP6577.jpg 
あ、しれっと、こいつらも完成しました。なんだ、遊んでるじゃん、おれ(笑)

道しるべ

IMGP5967.jpg

 今年もわが家の周りでは、薄紫色のホタルブクロがたくさん咲いています。普段は滅多に野の花を摘まないのですが、先日、少しだけ家に持ち帰りました。

 その日の夕方、ブランカを火葬してもらいました。

 食べ物とお花は一緒に入れて良いということでしたので、好きだったおやつと、少し鮮やかなドライフラワー、それから、庭の花壇に咲いていた白い花と、摘んだばかりのホタルブクロを入れました。
 この花を見つけてくれれば、あの娘が一人でお散歩に行っても、迷子にならずに帰って来れるでしょうから。

 ブランカは、一時間ほどで、小さな白いお骨になりました。

 とても星のきれいな夜でした。帰り路、車を停めて、妻と私と3人で、夜空を見上げました。きれいだったね、ブランカ。

ありがとう、ブランカ

約一ヶ月の闘病生活の末、昨日、愛娘のブランカが、星になりました。
拙ブログや各種SNSで、多くの皆様に愛して頂きましたこと、
改めて、御礼申し上げます。

今はまだ色々書くことが出来ませんが、ご報告まで。

IMGP0186.jpg

ありがとう、ブランカ。

37歳になりました。

 メール、SNS等々、お祝いのメッセージ、ありがとうございました。おかげ様で、37歳になりました。


IMGP5952_201707112051017f5.jpg
「パパ、ウソついてるわね」


 はい、45になりました。

未知との遭遇 宇宙人多過ぎ!

IMGP5939.jpg

☆本当は紫色のライラックだったはずの謎の白い花星人、今年も満開です。詳しくは、昨年の記事を
恐怖レベル・・・1



IMG_1066.jpg

☆一昨年庭に植えた姫リンゴの木が、何者かに折られてしまいました。芽も喰われてる。おまけに、その側で育っていたワレモコウも犠牲に!
いくらでも生えてるクマザサとかヨモギとかは無傷なのに、私の愛する姫リンゴとワレモコウだけを食べるとは、これは完全に、シカ星人の地球侵略行為ですよ!
恐怖レベル・・・15


☆上記のシカ星人だけでも充分恐ろしのですが、更なる恐怖が…。実は上の攻撃に気がついたのは昨日の朝だったのですが、前の日の夜、妻が玄関で「なんか、獣臭くね?」と言っていたことを思い出しました。
おまえ、シカの臭い、分かるのか!普段ブログ本文ではあえて顔文字の類いは使わないのですが、ここは許して下さい。
ガクガクブルル((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル((((;゚Д゚)))))))
我妻はマタギ星人なのか!
ガクガクブルル((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル((((;゚Д゚)))))))
恐怖レベル・・・無限大

 いやぁ、世の中は、恐怖に満ちていますね。怖い怖い。

ブランカ

 私たちが彼女の異変に気付いたのは、約1ヶ月前。いつもならベッドに飛び乗ってくるブランカが、その日はためらっていました。どうも足腰がおかしい。尻尾も上がりません。翌日は出掛ける予定を取りやめて、動物病院に行きました。
 外傷は無く、骨、筋肉にも問題なし。ただし血液検査で、ある値が異状を示していました。熱も高く、二日程、苦しい様子でした。その後は回復傾向だったものの、今度は急に食欲が無くなり、腎臓の異状を示す数値が出ました。それ以降、入院を2度して、今も毎日通院です。

 トイレは自分で出来るし、人に反応してよちよちですが歩きます。すごく苦しいといった感じはなく、寝ている姿は以前とかわりありません。

IMG_1046.jpg
ほら、可愛いでしょ?

 しかし食欲は無く、ご飯は妻が調整したペースト状のものを、こまめに強制給仕しています。今までのように、元気に散歩に行ったり、飛んだり跳ねたりは出来ません。

 もしかしたらもう、もとの生活には戻れないかも知れない。私たちも、あらゆる覚悟はしているつもりです。

 でも、覚悟を決めることと希望を持つことは、背反するものではないんですよね。病院の先生は、懸命に治療を行って下さっていますし、私たちも出来るだけのことはするつもりです。
 何より、いままでブランカがくれた幸せは決して色褪せませんし、これからも増えると思っています。そして、ブランカが今よりもっと幸せに過ごせるように、私たちは彼女を愛し続けます。
 
IMG_0922_201707072310331d2.jpg
心配そうな兄犬ナヌーク。以前のように力任せに絡みません。

IMG_1057.jpg
妹猫イコロは、これまで以上にぴったりと寄り添う。守ってるのかな?


これからも、ブランカと楽しく暮らしていきます。

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

にわかですが、中つ国にいます。

 やっぱり1日仕事をして、家で色々した後は、頭が働きません。原稿、論文、遺物整理は、朝の方が捗ります。夜は寝るべきです。

IMGP5915.jpg

 ということで、寝る前は、頭をほぐしながら、ベッドでこれ。もう10回目くらいでしょうか。存在は知っていたものの、初めて読んだのは、大人になってからですけどね。しかも恥ずかしながら、 ピーター・ジャクソンの映画が先でした。

 アラゴルンは無理でも、ファラミアのようになれたらなぁ、なんて…。

仮称八ヶ岳縄文文化研究会第0回勉強会、終わる

 仮称八ヶ岳縄文文化研究会第0回勉強会「八ヶ岳周辺の縄文前期後半(主に諸磯式期の様相)」、終わりました。

19642298_1993887777564039_4092854699804496024_n.jpg
(写真撮影提供:芹沢一路氏)

 まずはご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。県内はじめ、山梨、群馬、埼玉、東京、さらには富山からも、計32名もの方々にお出で頂いたことは、企画した側とすれば、大変ありがたいことでした。
 会場及び遺物の見学にもご協力を頂いた、小海町教育委員会にも感謝申し上げます。

19665678_1993891680896982_4315891220207914679_n.jpg
(写真撮影提供:芹沢一路氏)

 しかし、結局全て私のバタバタの進行で、遺物見学の時間も十分取れず、内容についても、準備した資料は話題提供のみであり、各エキスパートの方々には、物足りない内容だったかと思います。
 中には「こんな感じで俯瞰的なテーマが面白い」と言って下さる方もありましたが、「アカデミックでない」という厳しいご批判も頂きました。
 様々な反省の上に立ち、より充実したものを目指したいと思います。

 ていうか、次、あるのかな?

 まぁ、少なくとも、もう3回くらいはやってみたいと思います。次回は少しテーマを絞って、軸のある意見交換が出来るようになれば、とは思うのですが、まぁ私のことですから、まだ分かりません。
 どこまでご期待に添えるか分かりませんが、ご意見ご要望等、どしどしお寄せ下さい。


それでは、次回は秋に、八ヶ岳のどこかで。


追伸 一部誤解があるようですが、あくまで研究の軸足は「八ヶ岳の縄文中期」にあります。諸磯同好会ではありませんので、ご理解の程を(笑)
 
被災していない私たちの手で
(公社)日本愛玩動物協会
妻が長野支部の事務局長を務める団体の協会本部で、被災動物救援活動を行っています。
ようこそ A.E.G Cafe へ

A.E.G

Author:A.E.G
ここは標高1200mにある
「A.E.G自然史博物館」の喫茶室です。
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

関連サイト
カテゴリ
館長のつぶやき
最新コメント
おじゃまいたします
主に古生物について
ふらぎ雑記帳
タブリンの窓
umrおかめ通信
左上腕骨内側
ヤマモト生物模型作業週報

主に犬について
犬3頭と夫婦のノンビリ生活
座敷わらし犬とうさぎガーデン

主に考古学について
八ケ岳だより
日々のできごと、ときどき考古学

お友達のブログ
Lotus Root Design
めいのはま日記
縄文遺跡の上にある「富山県朝日町」お散歩日記
ぽこぽこ手帳

NATIONAL GEOGRAPHIC NEWS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSリンクの表示